ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

余市 10年 2009 マイウイスキーづくり

f:id:BOXBOXBOX:20210820004543j:plain

f:id:BOXBOXBOX:20210820005050p:plain

(画像引用:ベンダー :: THE SHARE BAR :: 余市10年 マイウイスキーづくり 19ml - SAKETRY - サケトライ -

ラベル情報:

余市

マイウイスキーづくり

10年

59%

樽詰年月日・2009年9月19日

壜詰年月日・2019年10月25日

樽種・ホワイトオーク 新樽

CASK NO. 411137

58.0%

BAR fishborn

THE SHARE BAR

※小分けのラベルは表記が間違えてるようです。同封されていた資料のデータを優先しました。

 

香り:滑らかな甘み、上品で強い樽の香り。デーツ、アーモンド。マーマレード。シナモン。ハッカ。乾いた煙が微かに。最後に苺ジャムも。

味わい:落ち着いた味わい。甘く、ウッディ。濡れた樽の香り、香ばしさ。オレンジの皮、デーツ。シナモン等のスパイス。ハーブよう。マッチも微かに。

好み:★8 83

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り・木苺やオレンジがのったチョコレートケーキのスイートさを、ペッパーをアクセントに麦の甘さとウッディな樽香が引き立てる。

味わい・オレンジやリンゴ、ハーブの爽やかさ。香ばしいクロワッサンとカフェオレ、チョコレートの甘くほろ苦い余韻が心地よい。

 

※資料より

 

反芻:“チョコレート” が拾えてない…。ハイカカオ系かなぁ。甘くウッディとあげたものがそうなのかもしれません。ウッディさが印象的で、自分にはチョコレートと感じられなかったような気もします。

熟成10年でアルコール度数も高いのに、それを感じさせない。

上品で美味しいモルトです。

 

 

雑感:いつかきっと絶対

余市のマイウイスキーづくりの1本。

 

自分は初めて味わったのですが、美味しいですねぇ

別のタイミングで参加された方のボトルもこのクオリティなのでしょうか。

 

 

製作過程に関われて、10年後にこんなボトルとして再会できるなんて。

 

心底羨ましい!!!

参加したい気持ちが改めて強くなりました。