ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

宮城峡 10年 2009 マイウイスキー塾

f:id:BOXBOXBOX:20210820015007j:plain

f:id:BOXBOXBOX:20210820014952j:plain

(画像引用:ベンダー :: THE SHARE BAR :: BAR fishborn :: 宮城峡10年 マイウイスキー塾 19ml - SAKETRY - サケトライ -

ボトル情報:

宮城峡

10年

樽詰年月日・2009年10月10日

壜詰年月日・2019年10月29日

樽種・ホワイトオーク リメード樽(樽の鏡板のみ新樽)

58%

BAR fishborn

THE SHARE BAR

 

香り:若い木材、濡れた樽香。甘いメンソール。メロン、瓜系の甘み。青林檎。豆殻。

味わい:生木を折った香り、グラッシー。樽由来の甘い渋み、シロップ、硬いメロン、ベリー系のフルーツ。枯草。メンソール。様々な表情を見せる味わいが愉しい。

好み:★8 81

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り・穏やかでウッディな樽香の奥に、ココアやバニラの甘い香りと麦の香ばしさ、ボディ感と繊細なエステル香の調和。

味わい・麦芽の芳ばしさと甘さがビターチョコのようなコクと調和。爽やかなオレンジやウッディさ、微かなスパイスを伴う淡麗な後口。

 

※資料より

 

反芻:“淡麗な後口” かぁ となりました。たしかに、スッと引く感じはあります。物足りなさはないのですけど。これを 淡麗 というのでしょうか。

 

 

雑感:空けたグラスまで甘く美味しい。

このグラスから感じるニュアンスが宮城峡の特徴なのかな と感じました。

 

シロップや瓜系の甘み。もしくは薄い餡子のような、豆っぽいような。。

う~ん。もっと繊細に捉えられるようになりたいです。

 

 

どことなく感じたのは、若い樽の爽やかさ。

資料によると鏡板のみ新樽ということですから、その影響力が想像できます。

若さはパワーですね。