ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンモーレンジ ケーク

ラベル情報:

GLENMORANGIE

A TALE OF CAKE

TOKAJI DESSERT WINE CASK FINISH

46%

 

香り:柔らかい甘さ。オレンジ、桃缶。生クリーム。プレーンな樽香。

味わい:賑やか。明るく甘い。ミックスフルーツを口に放り込んだよう。生クリーム。シナモン、ジンジャークッキー、スパイス。収斂味も少しだけ。

好み:★7 74

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

濃厚な黄金色の外観に反して、ピュアで鮮やかな印象の甘みと幾層にも重なる蜂蜜やホワイトチョコレート、フルーツ、軽快なミントの複雑な味わい 

香り:複雑で濃厚、幾重にも重なるパッションフルーツ・ピーチ・洋ナシ・マンゴーの味わいが弾ける。その後、焼いたパンやオークの穏やかな香り、火打石のミネラル感が現れる。最後に、グレンモーレンジィらしい蜂蜜やバニラ、アーモンドのような香りやミルクチョコレートのニュアンスが続く。

味わい:口に含むと、驚くほどの甘美な香りとフレッシュな味わいが同時に感じられ、弾ける風味とケーキのような蜂蜜、ホワイトチョコレートアプリコット、アーモンドやバニラ、洋ナシの甘みが続く。

加水:柑橘の香りが強まり、アプリコットやエルダーフラワー、ハナスグリ、ハニーポーレーン(ミツバチ花粉)、桃のシロップのような味わい。 

 

 

反芻:“幾重にも重なる” フルーツの表現が重なっていて嬉しいです。でも他は共通項が少ないですね。

“火打石のミネラル感” が気になるので、改めて味わえるチャンスがあれば良いのですが。また、その際には加水も試してみたいです。

 

 

雑感:ケーキにまつわる幸せな体験。

2020年に限定販売されたボトル。

バーボン樽熟成、ハンガリー産トカイワイン樽フィニッシュの1本。

 

ワイン樽フィニッシュは、短期間でも影響の大きいものと思いますが、

そこに由来するネガティブなテクスチャーは感じられませんでした。

 

ブレンダーの腕の良さによるものでしょう。

流石はオフィシャルのボトル!

 

 

 

このボトルを開封直後に味わった時には、目立って良いものとは思えなかったのですが、

瓶底も近くなった今回は、多種のフルーツが感じられて素晴らしい1杯になっていて驚きました。

味わえて幸運です。

 

 

こうなると、この後に出た ウィンター も気になってきます。

まだ武川さんで買えるんですよね。。

 

 

 

 

 

グレンロセス 23年 1996 ザ・テイスター

ラベル情報:

GLENROTHES

AGED 23 YEARS

Distilled 1996

Cask No. 44

49.1%

The TASTER

selected by H.Kurashima

 

香り:クリーミー。白胡椒やクローブのスパイス。オレンジピール麦芽感。ホップのような爽やかさも感じる。

味わい:仄かな苦み、クリーミーな甘み。薬草、生クリーム、一欠片の林檎、ホップ。白胡椒。メンソール。籾殻と麦芽、麦を感じさせる優しい甘みが続く余韻。

好み:★7 75

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

Aroma: クリーミーな大麦、蜂蜜を塗ったショートブレッド、りんごの花と柑橘類の皮、一束の白い花、メントール、ヨーグルトをかけたシリアル。

Taste: バニラに包まれたオレンジと洋梨のスライスが舌を優しく覆う、微かな紅茶のタンニンからふくよかなモルティさへと展開、ゆっくりとドライに霧散し最後は穏やかに白胡椒やクローブの感触を残す。

Comment: グレンロセスらしい上品な果実、心地よい麦感と寄り添う柔らかなオークスパイス。穏やかな風味の中に内在する複雑さがエレガントな熟成感に貢献、どこか遠くへ連れていってくれるような極めて繊細で淡い香味展開が印象的。

 

※通販サイトより

 

反芻:合っているような、ズレているような。。“クリーミー” や “白胡椒やクローブ” といった共通点があったのは嬉しいです。“オークスパイス” と表現するのですね。

気になったのは、“上品な果実” というところ。自分は果実の主張は少なく、麦らしい味わいと感じたので。“上品な” というところが大切なのかな。

ちなみに、“メントール” と メンソール はどちらの表現も間違いではないみたいです。

 

 

雑感:派手さはなく、麦らしい味わい。

ウイスキーが好きで、迎えにいってくれる人向けに感じました。

 

スモーキーさはなく、フルーツのニュアンスにも分かりやすいアピールはなくて。

あるのは、樽由来のスパイスと落ち着いた麦の味わい。

 

 

気の知れたウイスキー仲間にもオススメせずに、

自分独りでゆっくり味わいたいボトル。

 

私はそう感じました。

 

 

 

 

 

アードモア 6年 2008 キングスバリー

ラベル情報:

ardmore

AGED 6 YEARS

DISTILLED IN 2008

59.5%

KINGSBARY

 

香り:乾いた煙、内陸系?のピート。加水のニュアンス。青いフルーツ、キュウリ。煙草。遠くの方にグレープフルーツも。

味わい:香りに反して力強い味わい。乾いた煙、ピリピリするような刺激。焼けた木材。煙草。それらに包まれてフルーツ、黄色いフルーツ。クリーミー。フィニッシュには砂糖が。

好み:★7 73

 

 

雑感:煙草が美味しい。

中に見え隠れするフルーツを感じながら、煙を愉しむようなモルトに感じました。

 

シーシャとかこんな感じなのでしょうか? やったことないですが

 

 

自分は嫌煙家ですが、

ウイスキーにある煙草のニュアンスは好きです。

 

 

 

(以下余談)

テイスティングノートに記載した 加水のニュアンス。

59.5% なので、加水とは考えにくいともよぎったのですが、

感じたまま正直に記しました。

 

もっと相応しい表現があるかな…

勉強せねば。

 

 

 

 

 

マノックモア 12年 2010 秩父令和商会

ラベル情報:

Mannochomore

Aged 12 years

Distilled : June 2010

Bottled : June 2022

1st fil Bournom Hogshead

56.1%

秩父令和商会

 

香り:オレンジピール、硬めの樽香。バニラ。シロップ。薄くナッツオイル。

味わい:オレンジと氷砂糖。スパイスの甘み。メロウ。シロップ。グラッシー。バニラクリーム。微かにホワイトチョコレートの気配も。

好み:★7 70

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

マノックモアの特徴である

・アタックの強さ

・爽やかなシトラス

がより柑橘感を演出し、バーボン樽のバニラやクリーム香が複雑に香る味になっています。

また、マノックモアは全般的にパンチが強めなので開封し立ては少し硬めです。

(中略)

液面を下げることで香りを開きやすくし、香りが開き始めてからストレートでゆっくり減らすと、数か月かけて硬さが少しずつ取れていきます。

その過程で柑橘の香りが強く出るタイミングやバニラ香が強く感じられるタイミング、少しミルクキャラメルのようなニュアンスを感じる瞬間も。

 

 

反芻:開封し立ては少し硬め” はその通りかなと思いました。その中でも、“柑橘系” 、 “バニラ” や “クリーム” といったメインどころは挙げられているので、シンプルなモルトと言えるのかも。

時間が経つと現れるという “ミルクキャラメル” は、自分の感じた ホワイトチョコレート と同じものなのか、気になります。

 

 

雑感:令和商会 5本目の PB

自分は途中で1本逃しているので、4本目の出会いになります。

 

前情報にあったので、硬いものを想像していたのですが

そういった面はありつつも、これはこれで整っているようにも感じました。

 

よく知るウイスキー、身近なスペイサイドモルトという感じ。

ネガティブな印象はありません。

 

 

ハイボールも試してみたところ、

粘りのある柑橘系と炭酸の刺激のコントラストが面白いものになりました。

余韻はシトラスかな。

 

 

数か月後、開いてきたときが楽しみです。

 

 

 

 

もうひとつ個人的に愉しみだったのが、付属しているブレンデッドミード。

 

ウイスキーにはノンチルを求める自分ですが、

ミードでは濾過された綺麗な味わいが好きだったりします。

 

そんな自分がブレンデッドされたミードをどう感じるのか、興味があったのです。

 

 

飲んで感じたのは、粘度のあるオレンジの甘み。

蜂蜜とバターをたっぷり塗ったトースト。

そして木材。

 

予想に反して特徴のしっかりとしたミードでした。

これは、原酒のひとつに樽熟成された結果、粗くなった原酒が使用されているところに由来があるのかも知れません。

 

きっとこの味わいも一期一会ですね。

 

 

両方とも、面白いボトルでした。

買って良かったです。

 

 

 

 

 

タリバーディン 13年 ケイデンヘッド オリジナルコレクション

ラベル情報:

TULLIBARDINE

AGED 13 YEARS

46.0%

ORIGINAL COLLECTION

CADENHEAD

 

香り:香りは弱め。微かな土の香り。ミルク。レモン水。

味わい:クリーミー、少しだけ青唐辛子のようなスパイスの辛味。優しい甘み。炒った麦芽感。プレーンな樽香。

好み:★7 70

 

 

雑感:2杯続けてのタリバーディン。

先のボトルが70年代なら、こちらは近々年のボトル。

 

流石に軍配は先方に上がりますが、こちらも悪くありません。

 

熟成の薄いモルトをほぐして上々に仕立て直したような、ブレンダーの技術の妙が感じられる1本。

 

 

 

オリジナルコレクションのコンセプトは、

“より多くのウイスキーファンに楽しんでいただけるように蒸溜所の個性が際立ったカスクだけでなく、タイプの異なるカスクを積極的に組み合わせることで多様なスタイルを表現した46%ボトリングのシリーズ”

とのことなのですが、

 

自分は、複数混ざっているからこそ

原酒の特徴を拾う勉強にもなりそうと思いました。

 

これを手元に置いて、他のタリバーディンと飲み比べをしてみるのも面白いと思います。

 

 

 

 

 

クライゲラヒ 27年 1977 シグナトリー カスクストレングスコレクション

ラベル情報:

CRAIGELLACHIE

AED 27 YEARS

Distileed on: 13/12/1977

Bottled on: 17/01/2005

Matured in a Hogshead

Cask No: 96/4/14

56.4%

CASK STRENGTH COLLECTION

SIGNATORY

 

香り:オーキーなバニラ香、蜂蜜。焦がした砂糖。ミント、びわ。アーモンド。モルトの優しい甘み。黄色いフルーツ、青パパイヤ、ファイバーパイナップル。フルーツティー。長熟のラム酒のコク。

味わい:黄色いフルーツの甘酸っぱさ。それに包まれて麦芽、籾殻。イ草。紅茶。タンニンに舌がくすぐられる。煙草。砂糖漬けのレモン、蜂蜜。フルーツケーキ。シェービングフォーム。

好み:★9 91

 

 

雑感:静かに鎮座する複層的な味わい。

派手ではないです。

ひと口目から美味しいという感じとも違います。(香りはともかく)

 

グラスに注いでから時間をかけると開いてくる味わいを愉しむ。

のんびりと1杯を味わえることの幸せ。

 

そんなモルトです。

 

 

バーでは次々とボトルを頼みたくなる自分にとっては、購入できたことが幸運でした。

きっと違う感想を持ったと思うので

 

 

 

 

 

タリバーディン 5年 70年代流通

ラベル情報:

TULLIBARDINE

YEARS 5 OLD

40%

 

香り:瑞々しいフルーツ、黄色いフルーツ。グレープフルーツの白皮。埃っぽさ、乾いた草。オールドモルトの甘み。

味わい:麦芽の甘みが豊か。乾いた草。土の香り。微かにシナモン、フルーツ饅頭。嫌みのないパフュームも。

好み:★7 78

 

 

雑感:嫌みのないパフューム 、新鮮な体験でした。

フローラル と表現されるべきものなのかとも悩みましたが、自分にとっては パフューム だったのでこちらに。

 

経験や文化の違いもあって、

表現って難しいです。

 

 

表現の選び方で思い出されるのは、

アバフェルディ 28年 1991 シングルカスクネーション。

フローラル という表現について驚いた経験、鮮明に残っています。

 

ですが、あちらの フローラル を基準とすると今回感じたものは全く別物。

 

 

…袋小路に入ってしまいました。

ここは自分の感じたままに 嫌みのないパフューム でよいものとしておきます。

 

 

 

自分の感じたものを無理くり変更するのは違うと思います。

でも、ある程度は一般化した表現でないと誰にも伝わらないですし、

周りと自分の感覚との照らし合わせも難しくなる。

 

その辺りのバランスも、色々考えていきたいです。