ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

アードモア 22年 1997 ネクター

f:id:BOXBOXBOX:20210827021440j:plain

f:id:BOXBOXBOX:20210827021015j:plain

ラベル情報:

ARDMORE

22 YEARS OLD

DISTILLED 1997

BOTTLED 2019

48.7%

THE NECTAR OF THE DAILY DRAMS

麻屋商店

 

香り:ライム。土の香り。砂。砂糖菓子、パイナップル。乾いてるイメージ。

味わい:口当たりはライトだが粘り気もある。レモン、パイナップルの芯。キャンディ。乾いた草、土壁、軽いスモーク。ミントが微かに、酸味と甘みが混ぜこぜな余韻。

好み:★6 67

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香りはライト、グレープフルーツ、シャープで酸味のあるスモーク、沢庵。

味はライトでエキゾチックフルーツの甘み、酸味のあるスモーク、レモングラス。フィニッシュは香ばしいクローブビター。

 

※通販サイトより

 

反芻:“酸味” が印象的だと思います。“酸味のあるスモーク” にはなるほど!という感じ。甘い煙 もそうですが、テイスティングコメントには色々な表現がありますね。

トータルでは合っているのではないでしょうか。

スモークされた黄色いフルーツの甘みのよう?

沢庵はよくわかりませんでした汗

 

 

雑感:このボトル好き!となると同じ系統を求めて彷徨ったりしませんか?

フルーティなボウモアだったり、妖艶なラフロイグだったり、重厚で上品なファークラスだったり。

 

自分にとっては、ロングモーンとアードモアがそうで。

名前を見かけるとつい手に取ってしまいます。

 

このボトルもそんな1本です。(量り売りですが)

 

 

 

自分が彷徨うきっかけとなった 摩幌美 Friends と飲み比べると、このボトルのフレッシュな黄色いフルーツとキャンディ感が強調されます。美味しいです。

(Friends はまた低い音の煙と甘みが心地よく)

 

共通してるのは、フィニッシュにかけての酸味かなぁ

逆にスモークのニュアンスは違う気がしました。ネクター は乾いていて、Friends は濡れているような。

 

 

うん。また分からなくなりました。

でもこれこそ良い経験。

 

次の1本を求めてまた彷徨いたいと思います。

 

 

 

(よろしければ)

 

 

 

 

ラフロイグ 10年 カスクストレングス バッチ13

f:id:BOXBOXBOX:20210902015016j:plain

ラベル情報:

LAPHROAIG

AGED 10 YEARS

bottled JAN 21

batch 013

ORIGINAL CASK STRENGTH

57.9%

 

香り:潮気、濡れた焚火。海辺のバーベキュー。バニラ、ブラックベリー。メンソールが僅かに。クレヨン。少しだけ樽香が浮かんでくる。

味わい:温かみがある。甘い潮風、焦げた木材。貝殻、煤、煙。ベリー系のフルーツ、グレープフルーツのワタ。水飴。ミネラル分。渋みが浮かび上がり甘みと混ざりあうフィニッシュ。

好み:★7 75

 

 

雑感:飲み比べって面白い。

2021年に販売されたボトルです。

 

この10年 カスクストレングスシリーズに向き合うようになってから、よりラフロイグが好きになれました。

25年も購入したいのですがお財布的になかなか…

 

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20210902021619j:plain

楽しい。

 

3本飲み比べをしてみました。垂直飲みというのでしょうか?

バッチ11はラズベリージャムが印象的。火薬やバターも。

バッチ12はバタートーストと粗挽き胡椒。そして酸味。

バッチ13はグレープフルーツのワタ、ミネラルと水飴。

 

こう比べてみると、バッチ12から傾向が変わったのかなとも感じます。

12と13はとても近くて。11だけ浮いているような。

 

 

バッチ12と13に集中して比べると

12は木の渋み、13は果物の渋みというイメージの違いがあります。

12は灰、13はメロウとも。

 

この違いをブラインドで見分けられたら本物なのですが…。

 

 

 

ここが違うかな?どうかな? と比べて飲むのは楽しいですね。

同じシリーズなのに飲み飽きず。

気が付いたら全部のボトルがぐんぐん減っていました。

 

 

お腹いっぱいです。

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

グレンモーレンジ 10年 免税店限定 80年代前半流通

f:id:BOXBOXBOX:20210923023530j:plain

ラベル情報:

GLENMORANGIE

10 YEARS OLD

43%

FOR DUTY FREE SALES ONLY

 

香り:蜜柑の缶詰、炒った麦芽香、プラム。粘土質、乾燥させた木の皮、ニッキ。レモングラス

味わい:もわんとした印象。モルティ、草や土の香り、オレンジのワタ。シナモン、蜜蠟、ニッキ。水っぽさ。緩やかな甘みと植物由来の苦みがほんのりと残る。

好み:★6 67

 

 

雑感:TENではなくて10

缶の化粧箱に入ったボトル。

80年代前半の流通品、フロアモルティング時代の原酒にあたります。

 

ですが正直な話、事前の期待ほどのインパクトはなく。

既に気が抜けているのかな。

コルクも無事で上々の品だったのですが。。

 

加水のボトルですから仕方がないですね。

 

 

 

ただもちろん、ハイプルーフの腰の強さを評価しがちな自分の好みが大きく影響している可能性もあります。

繊細に味を拾えて、緩やかなモルトが好みの人ならもっと高評価かも。

 

 

具体的には、手持ちの カーンモア 16年 1995 と比べると

カーンモアはもっとハッキリとした味わい。

柑橘系だったり、クリーミーだったり、青臭さだったり。

ボトルの個性が分かりやすいです。

度数は3%しか変わらないのに

 

今回のボトルは緩やか、そして甘みのニュアンスに複雑味があるような。。

自分のテイスティングで挙げた もわんとしている がそれですね。(語彙のない…)

 

 

カーンモアはシングルカスクティースプーンですが)、この10年はシングルモルト

単純に比較して良いものでもないでしょうが、その違いの勉強になりました。

 

 

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20210923034407j:plain

コルクも特別感があって良いですね。

 

 

たっぷり時間をおくと粘性を感じてきました。

期待してしまっておくことにします。

 

 

 

 

(よろしければ)

 

 

 

 

 

レダイグ 23年 1994 キャンベルタウンロッホ&パブリックバー・アイランズ

f:id:BOXBOXBOX:20210917014906j:plain

ラベル情報:

LEDAIG

From TOBERMORY DISTILLERY

Distillation date: 23/09/1994

Bottling Month: October 2017

Cask type: Refill American Hogshead

Cask Number: 9

52.5%

CAMPBELLTOUN LOCH / Public Bar Islands 

EXCLUSIVE

GORDON & MACPHAIL

 

香り:潮気、貝殻、葡萄、蜜っぽい煙。バニラ。レダイグらしい金属感、喉が渇くよう。

味わい:煙草、オレンジソース。乾燥させた牧草。潮気と煙、貝殻、黒豆、バニラクリーム。レモンのヒント。

好み:★7 77

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

NOSE: Vanilla aromas followed by tropical fruits and hints of malt lifted by citrus.

(香り:バニラの香りに続いて、トロピカルフルーツとモルトの香り、そしてシトラスの香りが漂う)

PALATE: Creamy yet peppery with kiwi and banana flavaurs, followed by lime zest.

(味わい:クリーミーでありながら胡椒が効いていて、キウイやバナナの風味に続いてライムの皮が感じられます)

FINISH: Long and mouth watering with lingering hints of pepper.

(フィニッシュ:長い。口の中が潤うような味わいで、胡椒のヒントが長く続く)

 

※裏ラベルより

 

反芻:香りとフィニッシュの違いはあるのですが、自分が 喉が渇くよう と感じたのに、オフィシャルでは “口の中が潤うよう” とあって苦笑してしまいました。レモンのヒントがそれにあたるのかな。唾液出ますもんね。

他は方向性は合っているように感じました。トロピカルフルーツは拾えていませんが…

 

 

雑感:ブラインドで当てたいな と。

レダイグ、自分は金属感(もしくはミネラルのニュアンス)を感じるのですが

香りを拾った際に、レダイグのそれだと感じました。

 

ただこれはボトルの情報が頭に入っていたからだとも思います。

 

 

自分の中にある、この蒸留所はこのイメージ というものをブランドでも拾えたら、きっとそれは本物ですよね。

 

 

 

 

 

ロングロウ キャンベルタウンロウ 14年? 1992 テイストスチル

f:id:BOXBOXBOX:20210916025828j:plain

ラベル情報:

CAMPBELTOWN ROW

Dist : 1992

Bottling : 2007

49.1%

TASTE STILL

 

香り:おそらくリファイルのシェリー樽香。葡萄、フレッシュなベリー。甘くフルーティ。塩をひと摘み、炭、生木。

味わい:熟したグラッパ。潮気、麦々しい。ケミカルな甘さと煙、火薬。

好み:★7 77

 

 

雑感:スプリングバンクロングロウ

ロングロウはヘーゼルバーンと同じく、スプリングバンク蒸留所の銘柄のひとつです。

 

自分用にそれぞれの違いのメモを。

 ロングモーン:ヘビーピーテッド、2回蒸留

 スプリングバンク:ミディアムピーテッド、2.5回蒸留

          ※ローワインの一部を3回蒸留(ローワインは初留液のこと)

 ヘーゼルバーン:ノンピート、3回蒸留

 

 

今回感じた麦々しさやケミカルな甘さは、ヘーゼルバーンに持っているイメージと共通しているものと思いました。

蒸留所の酒質になるのかな。

 

同時の飲み比べは出来なくても、過去の自分のテイスティングコメントと比べるのは面白いですね。

もっと鼻と舌の記憶力があれば良いのですが…

 

 

数字ほどのぶ厚いスモーキーさはありませんでした。

バランス良く飲みやすい印象の1本です。

 

 

 

ふと。

白州蒸留所にもポットスチルが沢山ありましたが、その組合せ毎の比較も研究されているんでしょうね。面白そう

 

 

 

 

 

アラン 8年 1995 摩幌美

f:id:BOXBOXBOX:20210916010846j:plain

ラベル情報:

ISLE of ARRAN

1995

Bottled : 11 March 2004

Cask NO : 95/297

Cask type : Hogshead (Sherry)

Barley :  ChariotDate

55.3%

LOCH RANZA

25th Anniversary Limited Edition

PUB MAHOROBI

 

香り:硬めの木の皮、シェリー樽の華やかさ。ベリー系。

味わい:ふくよかなシェリー樽熟成の香り。モルティ。ビターチョコレート。オイリー、クレヨン。コーヒー豆、優しい木の渋み。白胡椒。乾いた焚火、乾燥させた牧草。生っぽさもあり、ドライ。

好み:★7 78

 

 

雑感:復活した1995年ファーストヴィンテージ

この数年で急激に評価が上昇している印象がありますアラン蒸留所。

その復活年に蒸留されたモルトです。

 

95年というと一般家庭にインターネットが普及する前の時代。

スコットランドで蒸留所が復活するにあたって業界やウイスキーラバーの期待値はいかほどだったのでしょうか。

 

80年代の不遇の時代を経た夜明けだったのか、まだ闇の先が見えていなかったのか。。

 

 

ふと日本のクラフト蒸留所の状況と重なりました。

現在は真逆。闇ではなく色々な意味で光が強い時代、販売されるボトルは即完売が当たり前な状況ですが。

 

10年経って美味しいウイスキーが出来て

20年経ってさらに評判が上がって

そうなっていたら素敵ですね。

 

その時、自分でも手の届くボトルになっていてくれたらありがたいのですが。

これは二律背反な願いでしょうか。

 

 

 

 

 

マッカラン 25年 1964 アニバーサリーモルト

f:id:BOXBOXBOX:20210912021445j:plain

ラベル情報:

MACALLAN

25 YEARS OLD

DISTILLED 1964

BOTTLED 1989

43%

Anniversary Malt

 

香り:枝からもぎたての葡萄。クランベリー、マスカット。とても綺麗な木の香り。爽やかなフルーツ感。夏の芝生。

味わい:しっかりとしている。エレガント。高揚感。オールドモルトのジューシーなコクのある甘み。活き活きとした木の香り、若木の皮。葡萄の皮付近、オレンジピール。デーツがゆるく。ミルキー。上品な家具。

好み:★9 93

 

 

雑感:綺麗で上品なモルト

幸せになりました。

 

印象的なのはオールドモルトのジューシーさ。

そして、木の香りの元気な感じ。これは当時の樽の質に由来するのかな。

シーズニングでないだけではなく、そもそも樽の材質から違っていた可能性も…?

これも所謂ロストテクノロジーのひとつですね。

 

もちろん勝手な夢想ですが。

 

 

 

 

ところでこのボトル、なんのアニバーサリーなのでしょうか?