ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンファークラス 21年

f:id:BOXBOXBOX:20201022221738j:plain

ラベル情報:

glenfarclas

AGED 21 YEARS

43%

 

香り:優しいシェリー樽香、乾いた木香。枝付きレーズン、ローストしたコーヒー豆。温めた蜂蜜。乾いた牧草、チョコレートと生クリームそしてミント。

味わい:甘く繊細。レーズン、オレンジ、イチジク。そこにスパイスや生姜。乳酸菌。ミルクチョコレート。フルーツ大福。やや水っぽくもあり腰が弱い。

好み:★7 73

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

蜂蜜をかけた麦芽、ドライフルーツ、ローストしたナッツ、トリュフなどの豊かな香り。

香り同様の味わいが口中に広がり、干しブドウの風味も。 次に、コーヒーやバニラ、かすかなココナッツの風味が来る。 余韻は長く続き、シェリーとスパイスの風味がはっきりと残る。 柔らかく、豊かで心地よい、最高のモルト

間違いなくやみつきになる不思議な魅力を持つウイスキーです。

 

※通販サイトより

 

反芻:おおよそ合っているかなと。“コーヒー” が拾えていたのは嬉しいです。“ココナッツ” や “バニラ” も確かに感じますね。そしてやはり “スパイス” が印象的。

逆に “チョコレート” は挙げられていないのですね。シェリー樽といったら、レーズン化チョコレートというイメージがありますが、そこを探しに行くようではダメですね。あると思うのですが

 

 

雑感:先に2本に比べると力負けするけれど。

価格が8,000円台なのですよね。

びっくりです。

 

気楽に良いシェリー樽のモルトを飲みたいならこの1本かと感じました。

樽に圧殺されるわけではなく、オフィシャルボトルならではの良さがあるというのでしょうか。

不思議な魅了を持つと言われるのも分かる、上々なボトルです。

 

 

 

 

グレンファークラス 16年? 2002 WHISKY&RUNNING

f:id:BOXBOXBOX:20201020221512j:plain

ラベル情報:

glenfarclas THE FAMILY CASKS

DISTILLED 2002

BOTTING DATE 13/06/19

CASK NUMBER 3315

TYPE Sherry Hogshead

54.4%

20th ANNIVERSARY WHISKY & RUNNING

Bar Sheep h

 

香り:上質なシェリー樽香。枝付きレーズン、ダークチョコレート、煮詰めたオレンジとその皮。カラメル、黒砂糖。マスカット、林檎、どこか爽やかに甘酸っぱい。鉛筆や生姜も。

味わい:深い木香、どっしりとしている。生姜、スパイシー。ドライオレンジ、スミレやラベンダー、胡桃。炒った麦芽。木苺。フィニッシュには収斂味の少し手前、辛みが浮かび心地良い。

好み:★8 81

 

 

雑感:横浜野毛の名店 シープ の20周年ボトル。

横浜にイベントで行った際に訪問し、一発でファンになったお店です。

場所柄、回数は行けていないのですが…。

ttps://twitt

 

バックバーとカウンターが近く、オールドなボトルもそこに並んでいるので、林立するボトルを眺めながら時間を愉しめるバーです。

トマーティン 1976 クロコダイル や オールドのモーレンジ と出逢えたのもその中から。

マスターも一見さんであった自分にも良くしてくれて、とても愉しく贅沢な時間を頂きました。

 

このボトルを味わっていたらすぐにでも伺いたくなりました。

諸々早く落ち着きますように。

 

 

 

話をボトルに戻して。

こちら、少量加水すると表情が変わってまた面白いです。

柔らかくチョコレートが拡がり、拾え切れなかったフルーツのニュアンスが浮かんできます。オレンジをはじめ、レモンやマスカット、木苺はジャムのように変化、フルーツパウンドケーキのよう。

もちろんスパイスや生姜の要素は残っていて。

美味しいです。

 

加水したものを飲むとストレートで飲みたくなります。そして逆も然り。

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20201020231041j:plain

出会いに感謝です。

er.com/kurokinhttps://twitter.com/kurokin_vlkn/status/1019550701783928832?s=20_vlkn/status/1019550701783928832?s=20

グレンファークラス 31年 1987 サロンドシマジ 7thリリース

f:id:BOXBOXBOX:20201016224049j:plain

ラベル情報:

glenfarclas

AGED 31 YEARS

Didtilled 11/09/1987

Bottled 08/01/2019

2nd Fill Hogshead

CASK 3820

45.5%

salom de SHIMAJI 7thRELEASE

pen

 

香り:豊かなシェリー樽の香りが心地良い。甘くフルーティ。レーズン、葡萄ジュース。オレンジ、僅かにレモンやパッションフルーツ。家具の香り。フルーツチョコレート。

味わい:チョコレート。タンニン。アプリコット、オレンジ、林檎、ラズベリー。上品で滑らかなシェリー樽香。ライ麦パン。余韻に干し草が浮かび、ほんの少しの渋みと甘みが緩やかに。

好み:★8 82

 

 

雑感:豊かで美味しいファークラス。

開けた直後は外れたかとなったことをよく覚えています。

そして、そこから開いてからの満足感も。

 

買って変化を愉しめて良かった。

とても美味しい1本です。

 

 

 

こちらはサロンドシマジの7thリリースになります。

ドクロマークで有名なオリジナルボトリング。

 

f:id:BOXBOXBOX:20201016230850j:plain

f:id:BOXBOXBOX:20201016230905j:plain

他にはこういったボトルも。

 

一般販売だと値段的にもチャンス的にも購入は難しかったでしょう。

バーで飲めて良かったです。

 

こちらは一期一会の楽しみですね。

 

 

 

 

ロイヤルロッホナガー 12年

f:id:BOXBOXBOX:20201018225034j:plain
ラベル情報:

ROYAL LOCHNAGAR

AGED 12 YEARS

40%

 

香り:香りは弱い。メロンの皮、レモンキャンディ。芝生。遠くに潮気や乳酸菌。

味わい:滑らか。蜂蜜キャンディ、紅茶。木香高く、メロンや蜜蝋が漂う。

好み:★6 64

 

 

 

雑感:派手さはないけど美味しいモルト

目立った特徴がないのが特徴、というと褒めてないですね。

 

上品と言うのでしょうか。

飲み疲れせずに愉しめるモルトだと思います。

 

 

 

 

タリバーディン 24年 1993 ケイデンヘッド

f:id:BOXBOXBOX:20201018031606j:plain

ラベル情報:

TULLIBARDINE

AGED 24 YEARS

Distilled: 1993

Bottled: 2018

Cask: 2 x Bourbon Hogsheads

43.6%

CADENHEAD SMALL BATCH

 

香り:ココナッツ、洋梨、マスカット、爽やかなフルーツ。同時に酸味のあるフルーツ、パイナップル、アップルパイ。木の香り、穀物の甘み。

味わい:フルーツたっぷりのパンケーキ。オレンジやパイナップル、柑橘系や黄色いフルーツ。シナモン、蜂蜜、シロップ、穀物の甘み。

ラム酒に漬けられた柑橘系や黄色いフルーツのよう。明るく、飲んでいて楽しくなる。

好み:★8 80

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

Nose: Coconut oil, pear drops, butterscotch, milk chocolate mice and cubed pineapple.

(香り:ココナッツオイル、洋梨の雫、バタースコッチ、ミルクチョコレートのお菓子、パイナップルキューブ)

Palate: Syrupy; dried bananas, aprigots, oranges and ginger.

(味わい:ドライバナナ、アプリコット、オレンジや生姜らのシロップ)

Finish: Shortbread, caramel, milk chocolate, tich pudding and white grapes.

(フィニッシュ:ショートブレッド、キャラメル、ミルクチョコレート、濃厚なプリン、白ぶどう)

 

※裏ラベルより

 

反芻:表現の違いはあれど、方向性は合っているかなと。

個人的に、“ココナッツ” が浮かんできたのは良かったです。“生姜” も確かにありますね。

逆に “チョコレート” の系統は拾えず。

“プリン” は分かる気がします。でも、やっぱり自分にはパンケーキかなぁ

青いパパイヤもあるような。

 

 

雑感:フルーツ感と、なんだか楽しい1本。

自分としては普段好んで選ぶ系統ではないのですけど、美味しいです。

そして楽しい。

愉しいではなく楽しい。内向きではなく外向き

そんなボトルです。

 

開けたてはそこまで記憶に残っていないのですが、今回改めて飲んで驚きました。

開封してから1年以上経過していますが、今こそ全盛期かと感じられます。

これがボトルを抱える愉しみですね。

 

 

完熟南国フルーツだけがウイスキーの魅力ではないよと教えて貰えた気がしました。

 

 

 

 

アードベッグ? アイラ 14年 2005 バランス オールドパティキュラー

f:id:BOXBOXBOX:20201011202148j:plain

ラベル情報:

ISLAY

AGED 14 YEARS

DISTILLED NOV 2005

BOTTLED APRIL 2020

CARGED FROM A RIFILL HOGSHEAD

DL14033

BALANCE

OLD PARTICULAR

DOUGLAS LAING'S

 

香り:煤、甘い煙。熟した南国系フルーツ、パッションフルーツ、パイナップル。ローストしたアーモンド、バター。メンソールが少し。

味わい:煙草、貝殻、金属感、煤、黒土、甘い煙。バニラ、ナッツの油。ドライオレンジとその皮、グレープフルーツの白皮、プラムも少し。ビターチョコレート。潮気を伴うドライな余韻。

好み:★7 77

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

土のようなリッチなピート感が、甘いスモーキーさ、ハチミツがけの大麦の風味とバランスを取る。

 

※通販サイトより

 

反芻:おおよそ合っているような…。自分には印象的だった潮気やナッツのニュアンスは挙げられていないんですね。感じると思うのですが。

甘いフルーツの煙、といったモルト。美味しいです。

 

 

雑感:オールドパティキュラー新シリーズ 『スピリチュアリストシリーズ』

世界的なトレンドであるマインドフルネス(『今、この瞬間』を大切にする生き方)にインスパイアされたシリーズとなるそうです。

 

このマインドフルネス、恥ずかしながら自分は初めて知りました。

テーマに即するなら心も身体もバランスをというところでしょうか。

では次の1本は…? 瞑想とかになるのでしょうか。

 

 

まぁそれはともかく、中身はゆっくりと味わえるモルトだと感じました。

カスクストレングスで50%前半、甘くピーティ。

今の自分の好みド真ん中。外れなワケがありません。

 

 

先の レダイグ ARES との比較も愉しいです。

あの時感じたアイランズモルトとアイラモルトとのピートのニュアンスの違いを改めて体感できました。

 

アイランズは火薬系、アイラは泥炭系という様子。

 

そしてアイランズは金属ちっく、アイラはフルーツが脇を固めている(もしくはそちらが主役)であるような。

 

もちろんこの2本の間の話ではありますが。

 

 

丁度同じ時期に購入した2本。この先の変化も一緒に愉しんでいきたいと思います。

良かったです。

 

 

 

 

マルス 駒ヶ岳 リミテッドエディション2020

f:id:BOXBOXBOX:20201011130322j:plain

ラベル情報:

駒ヶ岳

MARS SHINSHU DISTILLERY

Limited Edition 2020

50% ALC

 

香り:蜂蜜かけのナッツ、ミント、枝を折った時の香り。ラベンダー、ハーブ、爽やかに甘い。

味わい:蜂蜜、ローストしたナッツ、甘みと苦み。柔らかい草木の香りとウリ科の果物。灰っぽさやスパイスがアクセントに。

好み:★6 64

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

熟したプラムの香りが漂い、上品な蜂蜜やバニラといった穏やかな甘い香りへと続きます。口に含むとオレンジの様な果実感とカカオを思わせるビターな味わいがバランスよく表れ、.その後ほのかに甘く優しい余韻が残ります。

 

※裏ラベルより

 

反芻:ズレてますね。

香りのプラムは確かに感じます。甘酸っぱい。なぜ拾えなかったのだろう。

時間を置くと、まったり甘くなってきて “オレンジ” のニュアンスも分かる気がしてきました。(コメントに影響されているのは否めませんが)

また改めて飲んだ時にどう感じるか、楽しみです。

 

 

雑感:リニューアル信州蒸留所の3本目。

信州蒸留所のシングルモルトです。

シェリー樽とアメリカンホワイトオーク樽で熟成されたモルトが主体でヴァッティングされたそう。

各々の樽の良いところが出ているボトルと感じました。

 

 

 f:id:BOXBOXBOX:20201014002849j:plain

駒ヶ岳 飲み比べ。信濃蒲公英と

 

共通しているのは、生木の香りと蜂蜜。

信濃蒲公英の方は滑らか、リミテッドの方が苦みやスパイスが刺激的。
ただこれは、開けてからの時間差が大きいとも感じます。

 

どちらも美味しいです。

シチュエーションに合わせて選択できたら素敵ですね。

 

今夜の自分にはリミテッドの刺激が染み入ります。