ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

響 12年

f:id:BOXBOXBOX:20220109003942j:plain

ラベル情報:

12 Years Old

43%

原材料 モルト、グレーン

 

香り:華やかな樽香、モルティ。柑橘系、パイナップルの芯。餡子。ラベンダーも。

味わい:杏、蜜柑の白皮。デーツ。グラッシー。とろける蜂蜜。柿。甘酸っぱい。ミント。多層的。短いが濃い樽の香り、ウッディさが程よく咥内を締めてくれる。

好み:★7 75

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

プラムやラズベリー、蜂蜜などを思わせる芳香が甘く華やかなハーモニーを奏で、口いっぱいに豊かなコクがやわらかく広がります。梅酒貯蔵樽で熟成したモルト原酒や30年超貯蔵の希少な原酒を隠し味に効かせた〈響12年〉は、日本の風土と日本人の感性にして初めて創り得る一品として世界の注目を集めています。

 

※裏ラベルより

 

反芻:単純なもので、“梅酒貯蔵樽で熟成したモルト” と呼んだ途端に、それらしさが浮かんできます。自分が感じた 杏 や 甘酸っぱさ がそこに由来するのかな。

 

 

雑感:やっぱり響が好きです。

美味しい。

飲んでいて、山崎と共通する甘みを感じました。

咥内の奥に流れた瞬間に感じるまったりとした甘みは、山崎のそれとはっきりと分かります。

 

でもそれだけではなくて、

爽やかな風味と、フィニッシュにかけて浮かんでくる樽感、ウッディなニュアンスが心地よいです。

ひと口の中の変化。

甘いだけではない、余韻をを愉しませてくれます。

 

 

ブレンド技術の粋、愉しませて頂きました。

やっぱり響が好きです。

 

 

 

 

 

山崎 リミテッドエディション2017

f:id:BOXBOXBOX:20220108230535j:plain

ラベル情報:

山崎

LIMITED EDITION 2017

43%

 

香り:甘い樽香、熟した林檎、白胡椒。樽の焦げ感。メロンや洋梨。白木の香り。

味わい:ラズベリー、ライム、甘酸っぱい果実感。バニラシャーベット。まっすぐな樽香。スパイス、シトラス系の余韻。

好み:★7 74

 

 

【オフィシャルのテイスティングノート】

香り:甘く華やか・熟した苺やメロン・カスタードクリーム・終盤にカカオのアクセント

味:なめらかで甘やか・肌理細やかで透明感を感じさせる味わい・酸味をそなえた甘さ・熟した柿・蜜柑

フィニッシュ:かすかではあるが非常に長い綺麗な余韻・ウッディネス・スパイシー

 

 

反芻:合っていると思います。フルーツの傾向も拾えていますし、順番もOKではと。

フィニッシュにかけて浮かんでくる “ウッディネス” のニュアンスが飲み込んだ咥内を引き締めてくれます。良い感じ

 

 

雑感:まだ残っていました。

おそらく開封から4年経過しています。

ですが、まだまだへたれた印象はありません。

 

度数は43%と高くないのに

原酒の質がしっかりとしていたのでしょうか。

 

 

味わいも、口に含んだ瞬間に迎えてくれる甘酸っぱさと疲れない樽感。

とても飲みやすいボトルです。

 

 

良いですね。

買って良かったし、今日まで残ってて良かったです。

 

 

 

 

 

山崎 蒸留所限定

f:id:BOXBOXBOX:20220108025251j:plain

ラベル情報:

サントリー 山崎蒸留所

43%

 

香り:ラズベリー若木の香り。ゼラニウム、苔の印象。樽香が短く。

味わい:ラズベリーチーズケーキ、材木の香り、デーツ。レーズンの枝。バニラ。スパイシー。まったりとしているが余韻は短め。

好み:★7 73

 

 

雑感:バランスが良い!

や。美味しいです。

 

前回の白州での NA との飲み比べは、個性の違いを楽しめたのですが、

今回の山崎では比べるべくもなく、こちらのボトルが好みです。

通常販売の NA はアンバランスに感じてしまうような。。

 

 

この差はなんでしょうか。

自分の中で感じるものをひとつひとつ言葉にしていくと

 

 ・ファーストアタックにある ラズベリー(ベリー系)の香りが好印象。

 ・ ともすればマイナスのニュアンスである 木材の香り が NA でアルコール感を感じるタイミングでそれを隠している。

 ・スパイシーさも同じく。

 ・余韻の短さがプラスに働いている。(つまり加水のNAでは余韻が長い必要はないのかも)

 

こんな感じになりました。

トータルすると、最初に漠然と感じたバランスの良さの違いということに繋がるのかな。

バランスというか構成でしょうか、プラスをアピールしてマイナスを消しているのが感じられます。

 

 

拙いながらでも言葉にすると、自分感じているものが理解が出来ますね。

良い経験になりました。

 

 

 

自分の好みの話でなのですが、余韻が短い方が良い場合もある というのは新しい発見でした。

自覚していなかった。

 

テイスティングコメントを読むだけで買うボトルを判断しなければならない昨今、ひとつのヒントになりそうです。

 

 

 

 

 

白州 蒸留所限定

f:id:BOXBOXBOX:20220108013624j:plain

ラベル情報:

サントリー 白州蒸留所

43%

 

香り:乾いた煙が仄かに、白木の印象も。オレンジの皮、柑橘系の蜂蜜。バニラ。オーキーな印象。

味わい:蜂蜜、蜜柑の花。オーキー、樽由来のスパイス感。焦げた牧草。オレンジの余韻。ドライ。

好み:★7 71

 

 

雑感:白州の蒸留所限定ボトル。

自分も何度か白州蒸留所には行っていますが、2回しか出逢えていません。

 

蒸留所見学にいくと、記念品が買いたくなるのが観光客というもの。

白州蒸留所の名前の入ったテイスティンググラスがあるのはとても嬉しいのですが、限定ボトルも購入したくなります。。

(ニッカの2ヶ所は真逆で、テイスティンググラスが販売されてないんですよね。限定ボトルは種類も量も沢山ありましたが)

 

 

 

以下中身の話。

一般販売されている NA と比べてみると、

限定ボトルの方がはっきりとオーキーです。そしてスパイシー。

一般ボトルは、比べるとまったりと感じます。芝生の印象も強く。

 

樽使いというのか、構成の違いを感じられて面白いです。

 

今日の自分には、限定ボトルの樽感が心地よく飲みやすく感じられました。

 

 

 

このボトルの1万本前には、No. 01234567 があったんですね。

店頭に出ていたのでしょうか。

 

 

 

 

 

津貫 3年 2018 J'sBar 蒸留所探訪記

f:id:BOXBOXBOX:20220105001137j:plain

ラベル情報:

津貫

蒸溜日:2018年2月26日

瓶詰め:2021年9月16日

樽:バーボンバレル

ピート:3.5ppm

度数:57度

蒸留所探訪記

Selected by J's Bar

 

香り:甘い香り、柑橘系。瓜系の甘み。

味わい:メロン、ミント。砂糖。中間からぶわっと灰や生姜、スパイスが浮かび上がる。樹液、樽由来の苦み。蜜蝋も。

好み:★7 75

 

 

雑感:とても美味しくて、素直に驚きました。

バランスがとても良く好感を持ちました。

 

特徴的なのは、瓜系のフルーツを連想する甘み。

またピートでフォローするではなく、完成品のモルトとして愉しめるバランス。

3年ものなのに…

 

作った津貫蒸留所にも、選んだ蓮村さんにも、感嘆させて頂きました。

 

 

 

この蒸留所探訪記、今後もシリーズとして国内蒸留所のボトルを発表していくそうです。

とても楽しみです。

 

 

 

 

 

津貫 4年 SAKANANBAR 5周年記念ボトル

f:id:BOXBOXBOX:20220104001444j:plain

ラベル情報:

津貫

Distilled: May 2017

Booted: Oct. 2021

Cask Type: 1st fill bourbon Barrel

Cask no. T306

Peat: 50ppm

59%

蒸溜処 SAKANANBAR 5th anniversary

 

香り:ヨード香、焚火や貝殻。潮気。濡れた朽木、青林檎。炒った麦芽、バニラ。

味わい:貝殻、煙。潮気、濡れた樽香。瓜系のフルーツがお淑やかに。樽由来と思われるスパイス。ベリー系の甘み、シロップの甘み。最初から最後までピートがアピールしてくる。

好み:★7 71

 

 

雑感:短熟でピーティなものを求めて出てきたら納得の1杯。

貝殻のイメージが印象的。

また、空けたグラスからは塩素っぽさも拾えて。

総じてピートのアピールが強いモルトです。

 

若いですが溶剤のようなニューポッティなところは感じられませんでした。もしかしたら、瓜系のフルーツ と感じた箇所がそれにあたるのかな。

おそらくこれも、ピートが上手に覆い隠せているものだと思います。

 

 

自分は好みな部類でしたが、

もっと深い視点から、バランスの良さ等で判断される方々がどう評価されるのだろうかと ふと気になりました。

 

 

 

 

 

イチローズモルト&グレーン リミテッドエディション

f:id:BOXBOXBOX:20211230231442j:plain

ラベル情報:

Ichiro's Malt & Grain

World Blended Whisky

LIMITED EDITION

48%

原材料名:モルト、グレーン 

ロットナンバー: 29

 

香り:ツンとした印象。バニラ、針葉樹。バナナとナッツ。仄かな焦げ感。乾燥パスタも。

味わい:ゆったりとした味わい。ナッツオイル、ペーストしたバナナ、洋梨。生木の香り。焦げた牧草、植物系の苦み。バニラとミントが浮かんでくる。

好み:★7 73

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

熟したプラムのようなまろやかな酸味、それを包む甘みは軽やかな綿菓子のようで、熟成を重ねたグレーン原酒の心地よい樽香にのって口の中でいつまでも続きます。

 

※裏ラベルより

 

反芻:“綿菓子” はなるほどという感じです。自分が感じた 焦げ感 は “心地よい樽香” にあたるのかな。

時間をおくと “心地よい樽香” がとても豊かになりますね。

 

 

雑感:やはりイチローズ(ベンチャーウイスキー)のブレンデッドは良いです。

飲みやすく、それでいて旨味も感じられて。

 

お湯割りにしてたら丸っこくなってまた愉しめます。

ミントやキャンディちっくなアメリカンのニュアンスが浮かんできますが、暖かい中ではそれもまた良し。

 

ワールドブレンデッドって舐められがちですが、このイチローズのボトルは良いですね。

量産も求められる大手メーカーとの違いも大きいのかな。

 

 

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20211231003604j:plain

ワールドブレンデッド同士の飲み比べ

 

やはりこの2本は比べてみたくなりますね。

まず香りで感じたのは、リミテッドエディションの方がナッツやバニラの主張が強いということ。

ホワイトラベルは、ホワイトオーク?の樽香が印象的です。

 

味わいは、リミテッドエディションの方がしっかりとしています。腰があるというのか。

ホワイトラベルは、比べるとべったりとしている印象。

これはグレーンの割合によるものと推察しますがどうでしょうか。(開封からの時間差も大きいかな)

 

 

自分の総括は

満足感があるのは、リミテッドエディション。

ただ両方が並んでいて、どちらかを買うとなったら悩む。。

そんな印象です。

 

と言うのも、ストレートでは差が大きいのですが、

お湯割りではどちらも美味しく感じました。

つまり、お湯割りならそこまで差が無いようにも感じてしまったのです。

 

ストレートで愉しみたいボトルは他にもあるし、

お湯割りなりでざっくばらんに愉しむのなら、ホワイトラベルが急上昇してくるのではと。(価格を含めて)

 

そう感じたのです。

 

 

旨いボトルは割っても旨いとはよく言われますが、自分にはなかなかできない。

そんな小市民の正直な感想でした。