ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

カリラ 24年 1995 GM

f:id:BOXBOXBOX:20200807004607j:plain

ラベル情報:

CAOL ILA

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

AGED 24 YEARS

FILLED 1995

BOTTLED 03.02.20

MATURATION REFILL SHERRY HOGSHEAD CASK NO. 10627

BATCH 20/023

53.2%

CONNOISSEURS CHOICE

GORDON & MACPHAIL

 

香り:甘いシェリー樽香、香木。べっこう飴やオレンジピール、遠くに潮風と灰、埃。ハッカ。麦芽の香りが甘く落ち着いている。

味わい:ドライ、シンプルでコロンとしている。サイコロのよう。蜂蜜と燻製肉、オレンジピール、鉛筆、古い家具。煮詰めた林檎とタンニン。奥の方から漂ってくる葉巻の煙。微かに潮気。余韻は短い。渋みと甘み、煙を味わっているとスッと消える。

好み:★7 77

 

【オフィシャルのテイスティングノート】

Rich STEWED FRUIT and subtle HONEY ROAST HAM aromas combine with BONFIRE EMBERS.

(濃厚な煮込みフルーツ、仄かなハニーローストハムのアロマと焚火の残り火の組み合わせ)

 

Mouth-warming BLACK PEPPER gives way to ORANGE PEEL and DARK CHOCOLATE flavours with ligering wisps of SMOKE on the finish.

(口当たりの良いブラックペッパーはオレンジピールとダークチョコレートのフレーバーに変わり、後味にはスモークの香りがかすかに感じられます)

 

※ラベルより

 

反芻:概ね合っているような。

“ブラックペッパー” と燻製肉は紙一重

“チョコレート” は拾えませんでした。ともすれば固い印象もあるので、これから開いて変化してくるのかな。期待しています。

潮気に通じるニュアンスが載っていないのが意外でした。

 

 

雑感:カリラとシェリー樽の良いところが凝縮されている1本。

上手く言えてるか分かりませんが、コロンとしたイメージが魅力のボトルと思います。

 

カスクストレングスで50%前半。ベストのタイミングかなと感じました。

 

加水すると香りは枯草のような煙が、味わいは蜂蜜感が前に出てきます。でも滑らかになり過ぎでせっかくの魅力が失われる印象。

 

 

おそらく全盛期はこれから。

ゆっくり変化を愉しんでいけたらと思います。

 

 

 

 

カリラ 15年 2003 GM

f:id:BOXBOXBOX:20200716010814j:plain

ラベル情報:

CAOL ILA

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

AGED 15 YEARS

FILLED 2003

BOTTLED 19.09.2018

MATURATION FIRST FILL BOURBON BARREL

BATCH 18/076

56.7%

CONNOISSEURS CHOICE

GORDON & MACPHAIL

 

香り:蜂蜜、ハッカ、柑橘類、蜜柑の皮。メロン、バニラ。セメダイン。木の枝、枯草、仄かなピート。

味わい:蜜柑の筋、蜂蜜レモン、セメダイン。シナモン、スパイシー。バニラ、樽香が心地良く。遠くに昆布、海藻と煙。

好み:★7 75

 

【オフィシャルのテイスティングノート】

HONEY-CURED BACON and fesh LEMONGRASS aromas.

(アロマ:蜂蜜ベーコンとフレッシュなレモングラス

Hard CANDIED LEMON PEEL, and VANILLA flavours mingle with WHITE PEPPER.

(フレーバー:砂糖漬けレモンピール、バニラと白胡椒が混ざり合う)

 PEAT SMOKE lingers and evolves into smouldering BONFIRE EMBERS.

(ピートの煙が長く、燻ぶる焚火の残り火に変わる)

 

※ラベルより

 

反芻:ベーコンの肉感は確かに。その他の項目は、蜂蜜とレモン、バニラ等おおよそ合っているのではないかと。

ただ自分としては、ピートの印象は薄く。確かにあるけど、アクセント程度かな。

甘くこってりとしたモルトです。

 

 

雑感:18年に近く、よりバニラが溢れた1本。

奇しくも、オフィシャルの12年と18年の丁度真ん中の15年ものになります。

飲み比べると、18年にかなり寄っています。12年とは別物。

 

どちらが美味しいかと非常に難しい。。。

15年は柑橘系のフルーツとなによりバニラが溢れていて、カスクストレングスで腰もしっかりしています。

オフィシャル18年はフルーツの中の煙が心地良く、バランスが良いです。

 

好みの問題ですが、今日の自分にはこちらは甘すぎたかな。

 

 

ちなみに、25年との比較では

25年は低音の煙とクリーミーかつオレンジ。

15年は高音なフルーツ、蜜柑の皮、そして力強さ。

  

 

 

点数の付け方って難しいですね。

 

その時の直感で点数を配置してますが、そろそろ振り返りしても面白いかも。

同じボトルを次はどう感じるかとか。

自分はどういったモルトが好きなのか。

整理整頓、積み重ね。

 

 

 

 

カリラ 25年

 

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20200712193221j:plain

ラベル情報:

CAOL LIA

ISLAY SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

AGED 25 YEARS

43%

 

香り:ワイン、柑橘類、蜜柑、木の生皮。針葉樹、白胡椒、煙が漂う。木工用ボンド。余韻にバニラ、乾いた木材。

味わい:ドライオレンジ、柑橘類、布。優しい煙。潮気、タンニン、溶けかけのバニラアイス。スパイシー、熟成感のある樽香、濡れた芝生。余韻に紅茶、どこか出汁醤油のような印象も。

好み:★8 81

 

 

雑感:フルーツと煙が共存している優しいモルト

フルーツ感がフレッシュに感じました。逆に煙の要素は落ち着いていて心地よく。

美味しいです。

 

ただ、期待値が高すぎたかな。パワー不足にも思えました。

カスクストレングスで飲んでみたいなぁ

 

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20200713005324j:plain

3本飲み比べ

 

当たり前ですが、それぞれ熟成感が違って面白いです。

共通しているのは、柑橘系の甘みとその後ろにあるゆっくりした煙。ここら辺のニュアンスがカリラの酒質なのかな。

覚えておきます。

 

 

 

 

カリラ 18年

f:id:BOXBOXBOX:20200712171932j:plain

ラベル情報:

CAOL LIA

ISLAY SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

AGED 18 YEARS

43%

 

香り:潮気、ジューシーさを伴う煙。マンゴー、林檎のシロップ煮、ハーブ。針葉樹。バニラ、ハニートースト。

味わい:甘く、落ち着いた煙。潮風。ジューシー、林檎を絞ったジュース、蜜柑、上質な蜂蜜、バニラクリーム。モルティ。いぶりがっこやハムの印象も少し。

好み:★7 77

 

 

雑感:今はスタンダードラインナップから失われてしまったボトル。

寡聞ゆえMHDのサイトの商品ラインナップを見て驚いてしまいました。

今はラインナップに載っておらず、スペシャルリリース扱いになっているようです。

 

甘酸っぱく、スモーキーなモルトです。

フルーティというよりジューシー。煙も主張が強くなり、やや肉感を伴っています。

美味しい。 

  

 

カリラは元々はブレンデッド用のモルトだったそうです。その為、1989年に花と動物シリーズで発売されるまでは手に入りにくいボトルだったとか。

スタンダードが1種類になってしまうのも仕方がないことなのかも知れません。

 

いまもジョニーウォーカー等のブレンデッドウイスキーを支えてくれています。

 

 

 

 

カリラ 12年

f:id:BOXBOXBOX:20200712142632j:plain

ラベル情報:

CAOL LIA

ISLAY SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

AGED 12 YEARS

43%

 

香り:枯草、乾燥した麦芽。消毒液、マスカット。仄かにチョコレート。土の香り。

味わい:赤い果物、柑橘系、潮気、焚火。スパイスが僅かに。枯草、同時に青い芝生。バニラ、ハニートースト。余韻には収斂味を纏う木香が仄かに。

好み:★7 71

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

フレッシュ、甘くフルーティで、スムーズなボディのカリラ12年は、淡い麦わらの色とデリケートなバランスの味わいを持ちます。クリーンで食欲をそそる香りの中にかすかな柑橘系のフルーツとほんの一筋のスモークが包まれています。しっかりとしてスムーズ、始めは甘く、その後にフレグラントで甘いスモーキーさと長く尾を引くフィニッシュが続きます。

 

 

www.mhdkk.com

 

反芻:“柑橘系のフルーツとほんの一筋のスモーク” や “甘いスモーキー” は正にその通り。フルーツと煙が優しいボトルです。

ただ、長く尾を引くフィニッシュには感じませんでした。短く思ったくらい。

あとは、枯草も表現に入ってないのが意外。自分としてはカリラから最初に浮かぶのは枯草のそれなので。

 

 

雑感:カリラはフルーツの中に煙、ラガヴーリンは煙の中にフルーツ。

カリラとラガヴーリンは同じ麦芽、同じイースト菌を使って製造されているそうです。

それでいて印象が真逆なのが面白い。

 

f:id:BOXBOXBOX:20200712155738j:plain

 

 

 

同じことを何度も言ってしまっていますが、オフィシャルスタンダードが美味しい蒸留所というのは素晴らしいですね。

 

この後に18年と25年も控えているのでより楽しみになりました。

 

 

 

キルケラン 12年

f:id:BOXBOXBOX:20200801013844j:plain

ラベル情報:

KILKERRAN

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

DISTILLED AT GLENGYLE DISTILLERY

AGED 12 YEARS

46%

 

香り:オレンジピール、蜂蜜、ハーブリキュール。木の皮。埃、灰のようなピート香。

味わい:蜂蜜、オレンジ系のリキュールと飴。酸味。鉛筆の削りカス。薬草の苦み。バタートースト。苦みを伴った甘さが長く続く。

好み:★6 64

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り:蜜蝋、ピート、バニラ、リコリス、ライム、レモン、ホワイトペッパー

味:潮、メロン、蜂蜜、トフィー、ピートスモーク、ジンジャーブレッド、コーヒービーンズチョコ

 

※通販サイトより

 

反芻:“レモン” “ホワイトペッパー” “ジンジャーブレッド” はなるほどと。特にジンジャーの要素は自力で浮かべたかったところです。

逆にオレンジは挙げられてないですね。自分の感じてるコレはなんなんだろう。。。

それと、塩っぽさも拾えませんでした。これはスプリングバンクのイメージが頭にあり過ぎたからかも知れません。反省するところ

 

 

雑感:グレンガイル蒸留所のキルケラン。

シングルモルトのブランド名=蒸留所名というイメージがありますが、グレンガイルというブランド名がグレンスコシア蒸留所で使用されていた為、キャンベルタウンと名付けたそうです。

キルケランとはキャンベルタウンの旧名。

 

創立は1872年。スプリングバンクのオーナー兄弟が喧嘩別れしたことから独立して始まったとか。

その後、1925年に閉鎖。

ですが、2000年に当時のスプリングバンクのオーナーが買い戻し、復活させました。

ドラマチックな兄弟喧嘩と仲直りですね。

 

現行品のスプリングバンク 10年と比較すると、麦芽由来の甘さに共通のものを見ることが出来ます。

  

 f:id:BOXBOXBOX:20200801024955j:plain

マリオとルイージみたい

 

 

甘くほろ苦く、仄かにピーティ。

美味しいです。

長熟のものに期待したくなりました。

 

 

 

 

ラガヴーリン 16年

f:id:BOXBOXBOX:20200712022837j:plain

ラベル情報:

LAGAVULIN

ISLAY SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

AGED 16 YEARS

43%

 

香り:ハイトーンの樽香。バニラ、煙、正露丸。林檎のシロップ煮、トースト。メンソール。甘くも爽やかな香り。

味わい:暖かい獣臭。枯葉。一瞬の水っぽいニュアンス。林檎ジャム、煙、潮気。スパイスとバニラビーンズ、フルーツチョコレート。煙とフルーツが印象的なモルト。余韻は短くドライ。

好み:★7 72

 

 

雑感:具体的なものは浮かんでこないけどフルーティなモルト

獣臭と煙とフルーツ。フルーツを具体的に浮かべるのが難しいのですが、煙の中にフルーティさを確かに感じます。

癖もあって美味しいです。

 

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20200712032626j:plain

3種で飲み比べ。

 

フルーティというよりケミカルに近いのかな。難しいですが。

カスクストレングス加水を並べて飲むと、パワーの差に印象が持っていかれがちですね。上手く比較ができず経験不足を実感しました。

そんな中でも共通するのは豊かな煙。

 

ちなみに、

この流れで比べると、ダブルマチュアードの際に拾えず拍子抜けた糞のニュアンスが再び拾えてしまいました(汗。

単品で飲むと美味しかったのに。。。

 

 

この3本の中では、スタンダードな16年が一番好みです。

12年やダブルマチュアードの個性は認めつつも、必ずしも必要ではないよねという感じ。

改めてオフィシャルスタンダードが美味しいというのは、とても素晴らしい事だと思います。