ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

ブナハーブン 31年 1987 栗と林檎のチャツネ ウイームス

f:id:BOXBOXBOX:20200703002400j:plain

ラベル情報:

Bunnahabhain

Chestnut and Apple Chutney

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

VINTAGE 1987 DISTILLATION

2018 BOTTLED

46%

WEMYSS MALTS

 

香り:ナッティかつクリーミー。ハッカ、湿布薬。林檎、落ち着いた樽香。炊き立ての白米。

味わい:とろりとしたオイリーな舌触り。落ち着いた甘さ。フレッシュなシェリー樽香、パイナップル、カスタードクリーム。メンソール、スパイシー、甘栗、濡れた木材、渋み、カカオ。

好み:★6 67

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香りはリッチなウイスキー、海の辛さにシェリー、アイラ島バルサミコに栗とりんごの調味料、甘くて深みがあり心地良い。

味は重くて口を包むようにまとわりつき、深みのある甘さに心地良い辛さと酸味が海鮮ソースのよう。

フィニッシュは長く、土、木とスパイスが心地良い。 

 

※通販サイトより

 

反芻:言われた途端に拾える “海の辛さ” 。単純というかなんというか。反省です。

バルサミコ” も納得できそう。

ボトルにある通り、栗のイメージはよく浮かびます。林檎もあるのですが、割と落ち着いた方向、煮詰めたイメージでしょうか。あとはシェリー樽の印象が心地良いです。

 

 

雑感:ゆったり落ち着いたシェリー樽由来のモルト。冬に合いそう。

ロックにするとフレッシュな林檎、ビターチョコレートのイメージ。

美味しい。

 

季節に影響されずにテイスティングするのは難しいですね。

ピーティ系は夏だし、シェリー系は冬の方が合っていると感じます。

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20200703013345j:plain

ハニースモークと飲み比べ。

 

自分には共通項を見付けるのが難しい。。。

ハニースモークは蜂蜜と肉。今回のボトルはナッツとクリーム、シェリー樽。その印象が強く、共通するであろう酒質に当たる部分があやふやです。

あえて挙げるなら、奥の方にある丸っこいフルーツのイメージ…かな。

難しいです。