ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

ブナハーブン ハニースモーク クーパーズチョイス

f:id:BOXBOXBOX:20200701011802j:plain

ラベル情報:

BUNNAHABHAIN

HONEYED SMOKE

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

“spent many years MATURING IN American Oak.”

“Additional Aging in a Cadillac Wine Cask”

56.5%

VINTAGE DISTILLATION

the COOPER'S CHOICE

 

香り:煙、焦がした蜂蜜、ミーティ。メンソール、煮詰めた林檎。皮製品、ココナッツ、クリーム。アルコールのアタック。

味わい:甘くスモーキー。蜂蜜。苺、林檎、パッションフルーツ。煙草、海辺の焚火、バーベキュー。メンソール、針葉樹林、赤ワイン。最後に焦がした蜂蜜と焼いた肉。

好み:★7 78

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

甘くジューシーなピートスモークと香り高い蜂蜜。トロピカルフルーツとスモーキーなスパイス、その奥に蜂蜜の甘さ。
長く続くスモークと心地よい甘さのフィニッシュ。

 

※通販サイトより

 

反芻:“ピートスモークと香り高い蜂蜜” はもちろん、“ジューシー” や “トラピカルフルーツ” も感じます。でも、ミーティなコメントがないのが驚き。

飲み込んだ後、舌の上にベーコンのような印象を覚えるのですが。。。(アピールにならないと判断されて、あえて外している…?)

 

 

雑感:ハニースモークの名前の通りのモルト

美味しいです。

 

ノンピートのイメージが強いブナハーブンですが、このボトルはとてもスモーキー。アードベッグ ブラックに近いです。

あのアードベッグは煙の中にハイトーンのフルーツ、このブナハーブンは煙と一緒に蜂蜜。

まさに名前の通りのモルトと感じました。

 

ワインカスクの要素もあって。上々のボトルではないでしょうか。

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20200702020252j:plain

スモーキー同士の比較。

 

同じ蒸留所の違うボトルで比較するのも楽しいですが、同じ傾向のボトルで比較するのも面白いですね。