ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

アードモア 21年 1996 Friends 摩幌美 40th

f:id:BOXBOXBOX:20210101011654j:plain

ラベル情報:

ARDMORE

21 YEARS OLD

Distilled in : 1996

Bottled in : 2018

Matured in : HOGSHEAD

60.0%

For Friends -Pub MAHOROBI in JAPAN Est.1978-

LIMITED EDITION BOTTELING

摩幌美 40th Anniversary

BERRY BROS. & RUDD

 

香り:甘く蜂蜜ちっく、枯葉、乾燥させた牧草。樹液。シナモンを少し。芝生と土っぽさ。

味わい:口に含んだ瞬間に白桃を思わせる。生姜と蜂蜜、ワクシー、柑橘系の甘みと大福、土、枯草。濡れた森。スパイシー。樽由来の渋みが心地良い。腰のある甘みが長く続く。

好み:★7 78

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

桃、夕張メロンに、フェノリックなピートスモークのアロマが繊細に香る。
味わいは白桃、洋梨ホワイトペッパーのスパイス。
余韻に残るひね香がオールドボトルのような趣を与えている。
この年代のアードモアとしては稀有で印象に残る1本。

 

 

反芻:蜂蜜とは表現されていませんね。“桃” はまだ若めのイメージだと思います。

“ひね香” は言われると、なるほどこれかなという程度。それを拾えるようになりたいですね。

 

 

雑感:2018年にスペイサイドと同時発売されたボトル。

フルーツ過ぎず、美味しいモルトです。

果実感というより果肉感という表現が相応しい印象。歯応えがあるといいますか、ミネラル感があるのかな。

さらにピートが良いアクセントになっていて、飲み飽きることはないと思います。

 

 

 

アードモアとは大きな丘の意。(ちなみにアードベッグは小さな丘)
ピートを効かせたモルトが特徴のハイランドの蒸留所になります。

 

その意味でも、このボトルは真骨頂かと。

フルーツ感とピートのバランスがとても良いと感じました。

じっくり愉しんでいきたいです。

  

 

 

 


追記(21/10/06):T&T TOYAMAのアードモアに刺激されて再度テイスティング

香り:甘い果肉感と灰。まだ硬い桃、青いトマト。乾いた灰と薬品香、シダ植物。

味わい:灰と薬品香、エステリー。海辺の焚火。灰を被った桃、青パパイヤ。果肉を感じる、しかし同時にスモークされた果実のジューシーさも。それらの甘みに潮気と薬草、白胡椒が伴ってフィニッシュ。

腰があり、じっくりと旨い。

好み:★8 83

 

雑感:衝撃的ではないけれど

やっぱり好きです。

 

以前よりもフルーツのニュアンスに熟した感じが浮かんできていると感じます。

逆に蜂蜜や土ののそれは大人しくなっているよう。

 

芝生と土っぽさ を今回は シダ植物 とイメージしたかな。

 

でも、硬い桃やら果肉感やら同じものも感じられていて良かったです。

 

オフィシャルのコメントにある “ひね香” は今回自分が感じた 薬草 がそうなのかも知れません。(そうだとしたら酋長のコメントに近づいている?)

 

 

T&T TOYAMAのアードモアも美味しかったですが、摩幌美のアードモアもやはり逸品。

また求め彷徨ってしまいそうです。

 

 

 

 

(よろしければ)