ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

バンフ 31年? 1976 コニサーズチョイス GM

f:id:BOXBOXBOX:20210416005137j:plain

ラベル情報:

BANFF

DISTILLED 1976

BOTTLING 2008

CASK TYPE : Refill Sherry Casks

43%

CONNOISSERURS CHOICE

Gordon & MacPhail

 

香り:心地良いシェリー樽香、プルーン、葡萄。塩をひとつまみ。若木の枝、オールドなモルトの甘みが密やかに。

味わい:驚くほどフレッシュなシェリー樽のニュアンス。蜜柑、生クリーム、フルーツサンド。スパイス、穀物の甘みがゆるく。餡子。仄かな渋みが残る。

好み:★8 81

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

NOSE : Sweet and fruity with floral notes.

(香り:甘くフルーティ、そしてフローラル)

PALATE : Sweet, smoky - ash and burnt fruits.

(味わい:甘い、スモーキー。灰と焦げたフルーツ)

BODY : Rounded.

(ボディ:丸っこい)

FINISH : Sweet and subtle.

(フィニッシュ:甘く繊細)

 

※裏ラベルより

 

反芻:煙あったかな…? 内陸系の感じかな。正直、具体的に拾うことは出来ませんでした。隠し味的に良い奥行きを作り出している要素になっている気もしますが。

次回は意識して味わってみたいと思います。

ところで、“Rounded” って 丸っこい で良いのでしょうか。

 

 

 雑感:モルトを愉しめるボトル。

 オールドなモルトの甘みと上質なシェリー樽の渋みが心地良く美味しいです。

 

ハイプルーフものも飲んでみたくなりました。

 

 

 

バンフ蒸留所は1983年に閉鎖、91年には全ての建物が取り壊されています。

オフィシャルボトルは発売されたことがなく、ボトラーズからの販売のみ。

 

もしバックバーに並んでいたとしても、気付くことは難しそうです。

 

 

 

ちなみに “バンフ” とはゲール語で “子豚” の意。