ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンタレット ルーアックモア 8年 2009 カーンモア

ラベル情報:

Glenturret (Ruadh maor)

AGED 8 YEARS

Distilled 2009

Bottled 2018

Matured in Sherry Hogsheas Cask

46%

CARN MOR

 

香り:シェリー樽の臭みと甘み。ナッツ、シナモン。ベリー系果実の皮のニュアンス。

味わい:口に含んだ瞬間煙を感じる。もろっとした甘み、シェリー樽熟成のモルト。薬草、シナモン。クランベリーのヒント。バニラアイス。焦げ感が残る。

好み:★6 68

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香りはヘビリーピーテッドならではのスモーキーなレイヤーの奥からシェリーやキャラメル、パッションフルーツが広がります。

味はレーズンやキャラメルの甘み。

 

※通販サイトより

 

反芻:ズレてますね。自分は香りより味わいに濃い煙を感じました。また、“パッションフルーツが広がる” という感じもなかったかな。パッションフルーツ でもないし、フルーツの印象は控えめ。自分はそう感じました。

オフィシャルのコメントを読みながら、改めて飲み直したいです。

 

 

雑感:ルーアックモアとは、グレンタレット蒸留所のヘビリーピーテッドモルト

このモルトは80ppm。

ピーテッドタイプの生産が始まった2009年、初年度ビンテージになります。

 

 

反芻の項でも飲み直したいと言ったのですが、

ノンピートのタレットと併せても飲んでみたいです。

 

より良い経験になりそうな気がしています。