ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

アードベッグ? クレイグ・アイル 25年

f:id:BOXBOXBOX:20210126012437j:plain

ラベル情報:

CREAG ISLE

ISLAY MALT

25 YEARS

43.8%

 

香り:潮の香り、薬品香。煤っぽさ。燻製肉。奥の方に少しのイチジクとグレープフルーツの白皮。一瞬のバニラ香。

味わい:ふわっとしている。甘い煙、ヨード香、煤や金属片。葡萄の搾り汁、レモンティー。薬品の苦み。ユーカリ。奥の方に果実感が眠っている気配。杏やカシスのジャム。塩をひとつまみ。余韻にはまろやかな甘みが長く残る。

好み:★7 73

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り:甘い木の煙と魅惑的な果実の風味が、美しいオークのバニラ感と組み合わされています。

味わい:スモーキーさは目立ちますが、長い熟成からのオークの甘さが、深み、複雑さ、口の触感を増し、バランスが取れています。フィニッシュは長く甘い煙香が感じられます。

 

※通販サイトより

 

反芻:合ってるかな。オフィシャルのコメントが抽象的でうまくイメージできているか分かりませんが。

余韻は緩く煙り、甘い紅茶、フルーツティーのよう。

毎度言っているようですが、この手のボトルはハイプルーフが飲みたくなります!

 

 

雑感:化粧箱やボトルのデザインとは違い、優しいモルト

機械的というか、エンジンオイルのような箱ですよね。

ですが、その箱から感じる印象とは違い、優しい印象のモルトです。

 

中身についてはシークレットなアイラ。

ボトルを紹介いただいた方からはアードベッグではないかとヒントを頂きました。

 

試しにブラスダと比べると、余韻の甘みのニュアンスが似ている気がします。

ただ前情報ありきで探していますから。。。

 

 

 

しかしこの箱、とにかくボトルが抜きづらい!!!!

ぴったりとハマっているので、抜くのに苦戦しました。

後日紹介するつもりのトマーティン ク・ボカンとは真逆。(あちらは緩すぎ)

 

これ、抜くたびに栓に負荷がかかるので、早々にコルクが破損してしまいそう。

自分の扱い方が違うのかなぁ。

 

自分が力を入れて外す・はめ込むという作業が苦手なのもあるかと思います。

蛍光灯の交換もそうなのですが、割れるイメージばかり浮かんでくるんですよね。