ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンフィディック オリジナル

f:id:BOXBOXBOX:20200504013336j:plain

ラベル情報:

Glenfiggich THE ORIGINAL

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

40%

 

香り:フルーティ。洋梨、コンポートされたびわ。やや硫黄。モルトの甘みとやわらかく弱い煙。

味わい:洋梨、シロップ。古い家具、消えかけの焚火。薬草、紅茶。アルコールの粗さも。ふわふわとしていて、なんというか弱い。

好み:★6 63

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

FRESH AND FRUITY SIGNATURE AROMAS. ON THE NOSE, SUBTLE OAK NOTES PERFECTLY COMPLEMENT THE SWEETER MORE DELICATE FLAVOURS OF SPICE, CITRUS AND FRESHLY BAKED OATCAKES FOR AN INSPIRATIONAL AND AUTHENTIC RECREATION OF THE CELEBRATED 1963 STRAIGHT MALT.

(フレッシュでフルーティーな特徴的なアロマ。香りは、ほのかなオークの香りがスパイス、柑橘系、焼きたてのオートケーキの甘くデリケートなフレーバーを完璧に引き立て、1963年の著名なモルトを忠実に再現)

 

※裏ラベルより

 

反芻:いつも以上に翻訳に自信なしです。ほぼほぼDeepLに頼り切り。その上で。

フレッシュなフルーツ、樽香は拾えていると思います。柑橘系や香ばしさは改めて飲むと確かにあるような。いやでも…柑橘系かなぁ。すりおろした林檎のようにも感じます。

 

 

雑感:やりたいことは伝わってくるけど、、、なボトル。

1963年当時のモルトマスターであるハミッシュ・ロバートソンのレシピを6代目モルトマスターのブライアン・キンズマンが再現したボトルになります。

 

香りも味わいも、オールドボトルを飲んだ時のそれがあります。なるほどという感じ。

ただ、力強さがゼロなんです。物足りなさが残る。

複雑さもあると思いますが、拾う前に消えるような、芯がないような。。。

 

ロックにすると洋梨感が大きくなります。

が、アルコールも立ってきます。ニューポッティになる印象。

 

どの飲み方でも美味しいのだけどなにか違う、そんなボトルでした。

 

 

当時のレシピを忠実に再現したなら、この結果は麦の違い?

当時のレシピを忠実に再現するだけではなく、現代に合わせて最適化して欲しかったと思いました。不遜ですね。