ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

オールドパー 12年 特級

f:id:BOXBOXBOX:20200602010128j:plain

ラベル情報:

OLD PARR

Aged 12 Years

De Luxe Scotch Whisky

43%

原材料 モルト・グレーン

特級

 

香り:金属っぽさ、ネギ。椎茸。葡萄、蜂蜜、ジャスミン。パフューム、ゴム。

味わい:りんごジャム、枝付きレーズン。蜂蜜、紅茶、フルーツチョコレート。古い家具、苦味。スパイス、仄かにピーティ。どこか荒さを覚える。アルミ箔のような…。多層的でジューシーなニュアンスを感じるが、気が抜けているとも。

好み:★6 66

 

 

雑感:全盛期は過ぎてしまったのか、これからなのか。

開けたてのテイスティングです。

香りだけで判断すると、ハズレ・所謂ヒネている状態かと感じました。

味わいも最初のひと口は薄い印象。ですが、徐々にニュアンスを拾えるように変化してくれました。

 

もうヒネてしまっているのか、これから開いてくるのか、両方か、プラスもマイナスも変化を楽しもうと思います。

 

 

オールドパー。名前の由来は英国で152歳まで生きたというトーマス・パー翁です。

こちらの人物、歴史上の実在の人物といわれ1635年に亡くなられた際には公葬となったそうです。

 

ラベルのサイドにも “Thomas Porr. Aged 152 Years was interred at westminster Abbey A,D,1635”と紹介され、裏ラベルには氏の肖像画まで載っています。

長寿にあやかろうとしていたのかな。

 

 

日本とも関係が古く、日本に初めて紹介されたのは岩倉使節団が持ち帰ったものだったとか、吉田茂田中角栄元首相がファンだったとか。

日本の近代史を傍らで見守り続けたボトルです。

 

ならこそ、本当に美味しい1本に出逢いたいです。

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20200602022626j:plain

肖像画と斜め立ち