ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

タリスカー 8年 ディアジオ・スペシャルリリース 2018-2019

f:id:BOXBOXBOX:20210412012248j:plain

ラベル情報:

TALISKER

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

DEEP-CHARRED FIRST FILL EX-BOURBON AMERICAN OAK

AGED 8 YEARS

DISTILLED IN 2009

BOTTLED IN 2018

LIMITED RELEASE

59.4%

 

香り:潮の香り、焦がした木香、イチジク、バニラ。のど飴。甘いが爽やかな印象。

味わい:葡萄、バニラ、カスタードクリーム。海辺の朝消えかけの焚火。後味にシナモンや胡椒、生姜のような辛みも。時間を置くと煙が強くなり濃厚な蜂蜜が現れる。

好み:★7 77

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り:力強い、タリスカーらしい黒胡椒のスパイシーさ。甘いメンソールとピートスモークのトップノート。フレッシュな海潮と樽香が麦芽クリーミーなトフィーを支える。

味わい:絹のような甘い滑らかさ。やさしいスモーキーさ。潮風にクランベリーの酸味、麦とバニラにヘーゼルナッツ。時間がたつと焼き菓子とピート感が増す。

フィニッシュ:長く、スモーキーさと海潮と蜂蜜の絶妙なバランス。それからスパイス、松脂、メンソールとアニスにゆっくり消えていく煙。

 

prtimes.jp

 

反芻:“甘いメンソール” に得心。感じてるけど表現できなかったものがストンと。このメンソール感、終始存在します。美味しそうな表現に見えませんが、美味しいです。

他の方向性はおおよそ合っているのかな。蜂蜜感は注いだ直後には拾えず、時間が経ち開いてきてから強く現れました。

時間をかけて楽しむのがオススメ。

 

 

雑感:ディアジオスペシャルリリース2018-2019の1本。

オフィシャルでの8年のボトリングは30年ぶりとのこと。

日本国内には200本程度しか入らなかったと聞きました。

 

タリスカー8年は文章の中で見かけたことがある程度の知識ですが、文面に残り、スペシャルリリースでリメイクされるくらいですから素晴らしいボトルだったのでしょう。

でもこんなにメンソール要素あったのかな。開いてから現れる蜂蜜感こそが作り手が求めたものかと推察しますが。

 

そう言えば、この手のスペシャルリリースは、樽詰め時点からそれように決めてるのでしょうか? 近くなってから相応しいものを選ぶのかな。

 

 

とりあえず現在手持ちのタリスカーはここで打ち止め。

改めて飲み比べ出来て良かったです。自宅に揃える楽しみですね。

バーで頼みにくくなる欠点もありますが。