ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

タリスカー 7年 2009 OMC

f:id:BOXBOXBOX:20210412012137j:plain

ラベル情報:

TALISKER

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

REFILL HOGSHEAD ref: HL13273

AGED 7 YEARS

DISTILLED NOVEMBER 2009

BOTTLED FEBRUARY 2017

50%

THE OLD MALT CASK

HUNTER LAING

 

香り:香りは弱め。ヨード、煙、消毒液。乳酸菌、生木っぽさ

味わい:ベリー、茹で小豆,、バニラ。枯草とのど飴、薬品香。ヨード、潮の香り。線香花火。ピーティな甘さが心地よく残る。

好み:★7 78

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

NOSE: LOQUORICE, SHORTBREAD AND BAKED COOKIE DOUGH

   (リコリスショートブレッドと焼いたクッキー)

PALATE: CREAMY WITH DARK CHOCOLATE, RHUBARB AND VANILLA

   (クリーミーなダークチョコレート、ルバーブとバニラ)

FINISH: LINGERING AND SLIGHTLY DRY WITH PEAT SMOKE

   (長くわずかにドライでピートの煙が加わる)

 

※ボトルのラベルより

 

反芻:ボトラーズになると表現に知らないものの名前が出てくる。そんな中でも香りにピート系のものがないことに驚き。穀物っぽい甘さは確かにある。(飲んだ後だから感じるのかも)

味わいの拾い方は、おおよその方向は合っているのではないかと。“ルバーブ” が分からないけど、枯草やのど飴がそれに類するのかな。

 

 

雑感:白ワインのような色調。

ここまで飲んだタリスカーの中で一番薄い色合いです。味わいも樽由来の渋みや木香はなく、甘みとピートがメイン。

長熟ものとは奥行きに差はありますが、短熟ものには短熟ものの楽しさがありますよね。美味しいです。

また、樽の影響が少ないのでタリスカーの酒質を楽しめる1本だと思います。