ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

カリラ 24年 175周年ボトル

f:id:BOXBOXBOX:20220414015340j:plain

ラベル情報:

CAOL ILA

AGED 24 YEARS

52.1%

175TH ANNIVERSARY

 

香り:乾いた牧草、カリラの香り。濡れた焦げた木。柑橘系、蜜柑の皮。少しだけメンソール。

味わい:贅沢にモルティ。焦げた牧草。燻したオレンジピール、ミント。スモーキー。潮風、メンソール、薬品香。余韻には焼き蜜柑。

好み:★7 78

 

 

【オフィシャルのテイスティングノート】

An elegant Islay Single Malt with a sumptuous cornucopia of fresh fruits on the nose, followed by a powerfully peaty whisper of smoke.

(エレガントなアイラ・シングルモルトで、フレッシュな果実の贅沢な香りに続き、力強いピートスモークの囁きが感じられます)

On first sip an intense sweetness lights up the palate, balanced with a kiss of salt and a delicate kick of pepper.

(一口飲むと、強烈な甘さが口の中に広がり、塩のキスとペッパーの繊細なキックがバランスを整えます)

A long, warm  finish with a prickle of salt spice, rich cocoa and the lingering smoke of glowing campfire embers.

(塩胡椒、豊かなココア、そしてキャンプファイヤーの残り火の煙を思わせる長く温かみのあるフィニッシュです)

 

※ラベルより

 

反芻:“囁き” “キス” “キック” と色々な表現が出てきますね。自分が余韻に感じた 焼き蜜柑 は、“フレッシュな果実” と “キャンプファイヤーの残り火” が混ざり合ったものと受け取って良いと思います。

始まりから余韻まで、柑橘系フルーツの存在が漂っている印象です。

 

 

雑感:存在してくれてありがとうという蒸留所。

どの蒸留所もそうなのですけど(笑)

 

安定した質の高さと、それに比例しない価格帯。

バーで迷った時に選べば、まず間違いのない蒸留所のひとつだと思います。

 

 

このボトルもそんな期待に応えてくれた1本でした。

柑橘系の甘さと枯草のようなピート香。

カリラの良いところが整っている味わい。

 

流石は周年記念ボトルですね。

 

 

願わくば、ホームラン級の1本にも出逢いたいなぁ