ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

アイラトリコロジー 36年 1969 ミッション マーレイ・マクダビット

f:id:BOXBOXBOX:20210212024206j:plain

 

f:id:BOXBOXBOX:20210310011351j:plain

(画像参照:Islay Trilogy 1969 MM - Ratings and reviews - Whiskybase

ラベル情報:

ISLAY TRILOGY

Aged : 36yo

Distilled : 1969

ALC : 40.3%

Mission

Murray McDavid

京都洋酒研究所

 

香り:華やかな芳香、トロピカルジュースと潮の香り。マンゴー熱っぽさとパッションフルーツの青っぽさ。貝殻や灰、ピートのニュアンス。底の方に濡れた樽香。

味わい:スパイシーな樽香が印象的。オイリー、香木。パヒュームのヒント。バナナクリーム。甘い煙、海水。蒸しパン、餡子。濾したフルーツジュース。

好み:★8 80

 

 

雑感:60年代蒸留のブレンデッドモルト

中身は

ボウモア 1969 バーボン樽

ブルイックラディ 1966 バーボン樽

ブナハーブン 1968 フレッシュシェリー樽

をブレンデッドしたもので、2005年ボトリングです。

 

一番主張が強いのは、ボウモアでしょうか。

主張は強くないですし嫌な感じではないですが、パヒュームも感じられます。

…いやでも口の中に最後まで残るかも。

 

そうは言っても、メインは豊かなフルーツ感。

オイルとクリーム、甘い煙が脇から支える役目。

これがエステル香と言うのかな。

 

 

良い1本だと思います。

 

 

 

 

追記(21/04/01):

香り:埃っぽさ、紙や糊のニュアンス。苺ジャム。ライム、パイナップル、サクランボ。甘酸っぱいフルーツが豊か。芝生。

味わい:古い木材の香り。温い甘さ、フルーツジュース、葡萄やマンゴー、蜜っぽさ。弱く甘い煙。余韻にかけてスパイシー。

好み:★8 83

 

 

雑感:甘い変化を感じました。

前回の自分のコメントと比べると、おおよそ同じニュアンスを拾えていると思います。

ただ構成というか、バランスが変わっているかな。

 

特に印象が違っていたのは、香り。

フルーツのニュアンスが、フレッシュなものに変化していると感じました。そして、ピートのそれは薄れているような。

 

味わいの方も、煙や潮気は薄くなったと感じました。

パフュームも全く感じません。

同時に、香りから期待したフレッシュさを感じるような変化はなく。

逆に甘みで全てを包み込まれたような気がします。

 

 

全体的にはプラスの変化です。

特に香りのフレッシュさはとても好みでした。