ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

マルス 駒ヶ岳 リミテッドエディション2020

f:id:BOXBOXBOX:20201011130322j:plain

ラベル情報:

駒ヶ岳

MARS SHINSHU DISTILLERY

Limited Edition 2020

50% ALC

 

香り:蜂蜜かけのナッツ、ミント、枝を折った時の香り。ラベンダー、ハーブ、爽やかに甘い。

味わい:蜂蜜、ローストしたナッツ、甘みと苦み。柔らかい草木の香りとウリ科の果物。灰っぽさやスパイスがアクセントに。

好み:★6 64

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

熟したプラムの香りが漂い、上品な蜂蜜やバニラといった穏やかな甘い香りへと続きます。口に含むとオレンジの様な果実感とカカオを思わせるビターな味わいがバランスよく表れ、.その後ほのかに甘く優しい余韻が残ります。

 

※裏ラベルより

 

反芻:ズレてますね。

香りのプラムは確かに感じます。甘酸っぱい。なぜ拾えなかったのだろう。

時間を置くと、まったり甘くなってきて “オレンジ” のニュアンスも分かる気がしてきました。(コメントに影響されているのは否めませんが)

また改めて飲んだ時にどう感じるか、楽しみです。

 

 

雑感:リニューアル信州蒸留所の3本目。

信州蒸留所のシングルモルトです。

シェリー樽とアメリカンホワイトオーク樽で熟成されたモルトが主体でヴァッティングされたそう。

各々の樽の良いところが出ているボトルと感じました。

 

 

 f:id:BOXBOXBOX:20201014002849j:plain

駒ヶ岳 飲み比べ。信濃蒲公英と

 

共通しているのは、生木の香りと蜂蜜。

信濃蒲公英の方は滑らか、リミテッドの方が苦みやスパイスが刺激的。
ただこれは、開けてからの時間差が大きいとも感じます。

 

どちらも美味しいです。

シチュエーションに合わせて選択できたら素敵ですね。

 

今夜の自分にはリミテッドの刺激が染み入ります。