ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

カリラ 11年 ワットウイスキー

ラベル情報:

CAOL ILA

AGED 11 YEARS

58.2%

EXCLUSIVE FOR JAPAN

WATT WSHIKY

 

香り:潮気とピーティ、クランベリー。塩素。まろやかな甘み。シトラスも。

味わい:落ち着いたピート感と若めのアルコールが同居している。濡れた焚火、煙っぽさ。シトラス、ライムの爽やかさ。塩味、ベリー、焦げた木の枝の苦み。シダ植物。甘い塩味が舌に残る。

好み:★7 73

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り:磯、スモーキー、灰、シロップ、レモンピール、オイル、ミント
味わい:オイリー、ピートスモーク、ソルト&ペッパー、レモンキャンディ、綿飴、ビターズ

 

※通販サイトより

 

反芻:合っているのではないでしょうか。香りのファーストアタックに潮気と煙が来て、味わいもレモンやライムの香酸柑橘系。

満足です。

 

 

雑感:はじめてのワットウイスキー

バックバーではちょくちょく見かけていたのですが、今回初めて手を伸ばしました。

 

中身はスペックから予想される範囲内で美味しいモルト

稚拙な褒めてないような表現になってしまいましたが、ポジティブな印象を持っています。


調べてから驚いたのは、このボトル 1万円で買えるんですね。


まさに、『良質なボトルを、手の届く適正価格で』というワットウイスキーのブランドコンセプトに相応しいボトル。

買って後悔するものではないと思います。


 

というか、このボトルを買って楽しめる人と友達でありたい。

高過ぎず安過ぎず。

美味しんぼのとんかつの例えのように、ちょうどいいくらいなものを楽しめるボトル。

そんなことを感じました。

 

 

 

 

微加水すると煙草。暴れる印象。

そちらも良いのですが、自分はストレートが好きです。