ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

クライゲラヒ 24年 スペイサイドフェス2021

f:id:BOXBOXBOX:20220414020435j:plain

ラベル情報:

CRAIGELLACHIE

AGE: 21 years

BOTTLING DATE: 24.04.21

CASK FINISH: Refill sherry butt

CASK NO.: #5009

LENGTH OF FINISH: 6 yesrs

55.7%

DOUBULE CASK - LIMITED EDITION

SPIRIT OF SPEYSIDE

 

香り:ぬくいフルーツ感、焦げた木の香り、焼き砂。煙草。シナモン、林檎。スウィーティー。乾いた焦げ感、牧草。

味わい:ラム酒、紅茶。赤い果実、林檎ジャム、蜜柑の皮。樽の渋み。余韻は短い。

好み:★8 82

 

 

【オフィシャルのテイスティングノート】

NOTES: Syrupy pineapple and ripe banana is balanced beautifully with subtle cinnamon and grated chocolate.

(シロップ漬けのパイナップルと熟したバナナに、仄かなシナモンと削ったチョコレートが見事に調和しています)

 

※ラベルより

 

反芻:おおよそ合っているのではないでしょうか。フルーツの方向が少し違うかな? “熟したバナナ” は挙げられませんでしたが、自分の感じた ぬくいフルーツ感 がそれかなとも考えています。

 

 

雑感:やっぱりゲラヒは20年超!

美味しいです。

フルーツ感が豊か、ジューシー。

 

ラフロイグ等のアイラモルトが、熟成20年後半からピート香がトロピカルフルーツのジューシーさに変化していくように

クライゲラヒの硫黄香も、20数年でフルーツ香に変化していくのでしょうか。

詳しい方の話を聞きたいなぁ

 

 

もっと早い時期に気付きたかったですね。市場に存在するうちに

これからどれだけ経験できるのかな…

 

ちょっと寂しさを覚えつつ、

機会があったら逃さないように心に留めておきます。