ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

イチローズモルト 秩父 ザ・ピーテッド2022

f:id:BOXBOXBOX:20220321020347j:plain

ラベル情報:

Ichiro's Malt

秩父

53%

2022 THE PEATED

 

香り:乾いたピート香、豆殻。炒った麦芽。奥の方に柿、木の香り。

味わい:響くイチローモルトの甘み。舞い上がる灰、ピート香。白胡椒。バター。オイル。モルティ。オリエンタルなウッディさ。

好み:★7 77

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

製麦作業でピート(泥炭)を焚き込み乾燥させることによって、すもーきなつよ個性が生まれます。甘く軽やかなカスタードクリーム、表面を滑るようなフルーティーさ。口の中に広がる香りは柔らかな紅茶を思わせ、全体の印象は時間と共に変化を続けていきます。

 

※裏ラベルより

 

反芻:あまり拾えなかったかな。自分は “表面を滑るようなフルーティさ” というよりもねっとりとした甘みに感じました。バナナとかそっちの方。

逆なコト言ってますね。

 

 

雑感:イチローモルトと分かります。

ピート香溢れているなかに

ねっとりとしたナッツやバナナの甘み(オフィシャルのコメントは違いましたが汗)が確かにあって

独特のくせのある樽香が合わさり、胡椒っぽいスパイス。

 

もちろん前情報ありきで味わっていますが、イチローモルトだなぁと感じられる1本です。

 

 

 

ふと。

イチローズブランドに圧殺系シェリー樽熟成のボトルなんてあるのでしょうか?

圧殺系の仕上がりとは喧嘩しそうな酒質ですし、惹かれるものはないのですが…

 

気になりました。

 

 

 

 

追記(22/05/14):

開封直後を20分ほど置いて

香り:ナッティ。バナナ。灰、焦げた木の香り。ピートの甘み。

味わい:ナッツのオイル。焦げた木材、煤。イチローモルトの甘み。塩のアクション、バター。白胡椒。薬草、オリエンタルな樽香。余韻には柿、干し葡萄、そして甘い塩。

好み:★7 74

 

反芻:過去の自分のノートと比べて。オイル や バター 、白胡椒 のあたりが共通項ですね。オフィシャルの方にある “カスタードクリーム” は今回も拾えませんでした。どちらかというと バタークリーム なのかな(笑)

 

 

 

開封1杯目をいただける僥倖。

 

雑感:入荷したボトルを紹介してもらえることって嬉しいですよね。

並べてもらったボトルを見ながら、どの順番に飲もうか考えるだけでテンション上がってしまいます。

開封のものが複数本あったら、全部開けてもらうのは申し訳ない と遠慮してしまったり

 

購入するボトルはもちろん、バーでの出逢いも

人に好かれウイスキーに好かれないと機会はないですから。

 

それが嬉しいんですよね。

 

 

 

ちなみにこのボトル、開封直後は圧殺系と言えるようなピート香の洪水。

ラベル上部にかかるくらいになってからが飲み頃なのかな と推察します。

 

バーでそのタイミングに逢えるかって、巡り合せの天運ですけど。

いやこの場合、惹きつける人徳というべきでしょうか。