ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンファークラス 16年 2002 TWH

f:id:BOXBOXBOX:20220119011140j:plain

ラベル情報:

glenfarclas

16 YEARS OLD

DISTTILED 2002

CASK NO.3317

54.0%

THE WHISKY HOOP

 

香り:綺麗なシェリー樽の香り。高級な家具。デーツ、フルーツチョコレート、オレンジチョコレート。

味わい:オレンジ、ダークフルーツケーキ、出汁感も。濡れた樽の香り、その渋み。

微加水するとチョコレート。樽の香りが華やかに。

好み:★7 79

 

 

【オフィシャルのテイスティングサークル】

f:id:BOXBOXBOX:20220119011846j:plain

 

 

反芻:バニラ が拾えていないですね。あったかなぁ。ダークフルーツ に夢中になってしまった気もします。

 

 

雑感:最後のトールボトル。

これ以降は自分もよく知っているファークラスのボトル形になるそうです。

 

中身について。

自分が経験してきたファークラスをそのまま高めたよう と伝えたら、

60年代蒸留のものもそんな感じだった、現在のファークラスはそこを目指している と教えて頂きました。

 

驚きました。

原材料や樽の品質の違いで、過去のモルトの味わいはロストテクノロジーかと思っていたので。

 

 

単純に過去のものを崇め奉ることはしたくないですが、過去のボトルで美味しいものはどこまでも美味しい。

ですがこれから手に入るボトルが美味しいなら、それに勝るものはないです。

 

グレンファークラス蒸留所の過去と未来に興味が湧いてきました。

 

 

そんな流れで次回60年代蒸留ボトルに続きます。