ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

津貫 4年 SAKANANBAR 5周年記念ボトル

f:id:BOXBOXBOX:20220104001444j:plain

ラベル情報:

津貫

Distilled: May 2017

Booted: Oct. 2021

Cask Type: 1st fill bourbon Barrel

Cask no. T306

Peat: 50ppm

59%

蒸溜処 SAKANANBAR 5th anniversary

 

香り:ヨード香、焚火や貝殻。潮気。濡れた朽木、青林檎。炒った麦芽、バニラ。

味わい:貝殻、煙。潮気、濡れた樽香。瓜系のフルーツがお淑やかに。樽由来と思われるスパイス。ベリー系の甘み、シロップの甘み。最初から最後までピートがアピールしてくる。

好み:★7 71

 

 

雑感:短熟でピーティなものを求めて出てきたら納得の1杯。

貝殻のイメージが印象的。

また、空けたグラスからは塩素っぽさも拾えて。

総じてピートのアピールが強いモルトです。

 

若いですが溶剤のようなニューポッティなところは感じられませんでした。もしかしたら、瓜系のフルーツ と感じた箇所がそれにあたるのかな。

おそらくこれも、ピートが上手に覆い隠せているものだと思います。

 

 

自分は好みな部類でしたが、

もっと深い視点から、バランスの良さ等で判断される方々がどう評価されるのだろうかと ふと気になりました。