ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

レアオールド・ブレンデッドウイスキー 54年 1966 クラウニングカスク ホール・オブ・フェイム

f:id:BOXBOXBOX:20210901001754j:plain

ラベル情報:

RARE OLD BLENDED WHISKY

Aged 54 years

Distilled in 1966

Bottled in 2021

Hogshead No.29

48.4%

原材料:モルト、グレーン

Crowning Cask - Hall of Fame -

 

香り:陶酔感がある。高級な蜂蜜、アンティーク家具。ローストした樽の香りが短く。アーモンド。バニラビーンズ、ミント。蜜蝋とオレンジの皮。焼きたてのパウンドケーキ。

味わい:上品なグレーンの甘みが伸びやかに。ひやりとしている。蜜蝋。ゼラニウム、バラの花。蜂蜜。オレンジジュース、ラム酒。味の染みたパウンドケーキ。ひとつまみのナッツ、綺麗な木の香り。

総じて上品な印象。

好み:★8 89

 

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

クリーンで軽快、長期熟成ならではの樽香やフルーティなど甘く華やかな香りが豊かに拡がります。繊細でバランスの良い香りは、まさに芳醇という言葉がぴったり。凝縮された香りの豊かさは54年という時間の長さを感じさせるに十分で、僅かな加水により内包された香りが見事に表れます。一瞬レザーを感じさせたかと思うとトロピカルフルーツ、ドロップ、ミルキー、長期熟成のブランデーを思わせる華やかな香りなどが次々に押し寄せます。ならかな口当たり、甘さと酸味、ビターな余韻が心地良い、ブレンデッドならではの魅力にあふれたウイスキーです。

 

※裏ラベルより

 

反芻:“長期熟成のブランデー” でしたか、自分はラム酒が浮かんできました。他のお酒の経験値も要りますね。大きいところでは、“トロピカルフルーツ” を拾えていなかったことと、逆にフローラルなぬ餡巣が挙げられていないことが印象的。自分のフローラルは “甘く華やかな香り” に該当していると思うのですが。

全体的にズレている印象ですね。もったいないな。

 

 

雑感:味わいよりも香りを重視してブレンドされている印象を受けました。

素晴らしい品質のグレーンを感じられて。

とても美味しいウイスキーです。

ですが美味しい以上に、上品や綺麗という言葉が浮かんでくるウイスキー

 

もはや自分に向けではないような、場違い感まで覚えてしまいました。

もしくは、自分にはまだ早いという方が正確かもしれません。全部を味わえていないんじゃないか と。

 

強いのも弱いのも硬いのも柔らかいのも全部経験してきた人こそ愉しめる。

そんなイメージ。

 

 

もっと年を取った後、このボトルに相応しい人になっていたいですね。