ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

イチローズモルト 秩父 7年 2013 秩父スタンプラリーボトル ウイスキーミュウ

f:id:BOXBOXBOX:20210607013941j:plain

ラベル情報:

ICIRO'S MALT CHICHIBU

熟成: 7年 ※ネット情報より

Cask in Mar.2013

bottled Oct.2020

Barley Type is Tipple,

Matured in a Bourbon Barrel,

Cask No.2463

59.0%

Selected by Hideo Yamaoka for Whisky Mew

 

香り:心地良いイチローモルトの香り。メロウな印象。バニラ、蜜蝋、メロン。スパイス。乾いた香木。奥の方にバナナチップスも。

味わい:力強い。口に含んだ瞬間分かるイチローモルトのオリエンタルな甘み。多層的な木香が愉しい。蜜蝋、蜂蜜キャンディ。メロン。ミント。スパイシー。余韻にはバター、バナナケーキ。短熟らしく短くドライ。

好み:★7 78

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

アロマ:完熟メロンとラフランス。バニラ風味のウェハース。甘いが奥にミネラリーなニュアンス。
味:グラッパ漬けの白ブドウ。カスタードプリンのカラメル。やや固いカキ。フィニッシュに心地よいウッディさ。

 

 

反芻:グラッパ” には あ~それだ! となりました。白ブドウとまでは分からなかったですが汗。“カスタードプリン” も感じられる気がします。香りの “ミネラリーなニュアンス” も確かに。

改めて樽感豊かなモルトです。嫌なところはなくとても愉しい。 ただ、オフィシャルのコメントには “フィニッシュに心地よいウッディさ” とありますが、自分はスタートからフィニッシュまで通して感じました。

時間をかけるとナッツのオイルも膨らんでくるような。

 

 

雑感:2021年 コロナ禍での秩父ウイスキー祭。

今年の秩父ウイスキー祭は神事のみ。他のイベント事はネットを駆使して開催されました。

 

その中で体験型のイベントのひとつが、今回のボトルが景品となった秩父スタンプラリー。

実行委員会のバー21店舗を巡るものになります。(全部回る必要はありません)

 

 

期間が長かったこともあり、自分も気楽に参加させてもらいました。

このイベントのおかげで初めて入ったバーもあって、なかなか楽しかったです。

 

星の数ほどバーはあっても、時間も予算も限りがあります。

新しい出逢いのきっかけとなる貴重なイベントでした。

(このリストにあるバーなら間違いもないだろうという安心感も大きかった)

 

 

 

もちろん現地の熱量は代えがたいものはあります。

横の繋がりの交流も大切です。

ですが、広く気楽に参加できるという利点はやはり大きく、特にセミナーには今後もネットを併用いていただきたいと感じました。

 

スタンプラリーもそうですね。

長い期間をかけてあちこちのお店を回るのは、よっぽど健全な気がしますし。

 

 

コロナ禍での苦肉の策の変化だったと思いますが、その変化にも恩恵は確かにあって。

世の中が健全に戻った後も、増えた選択肢を活かしていただきたいです。

 

でないとこの数年が悔しいじゃないですか。