ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンゴイン 13年 2006 ディスティラリーカスク

f:id:BOXBOXBOX:20210216004636j:plain

f:id:BOXBOXBOX:20210216004727j:plain

ラベル情報:

GLENGOYNE

THE DISTILLERY CASK

13年

DATE OF DIT\STILLATION: 15/03/06

CASK No: 599

STRENGTH: 57.6%

麻屋商店

 

香り:リッチ、華やかシェリー樽香。煮詰めた林檎。ブラウンシュガー。レーズンクリーム。微かに紅茶も。

味わい:滑らか、腰がしっかりとしている。美味しいシェリー樽熟成のモルト。林檎、キウイ、クリーム、フルーツサンド。樽香がまっすぐと伸びて、スパイス、程よい苦みへと繋がる。烏龍茶の余韻。

好み:★7 79

 

 

雑感:上質なシェリー樽熟成のモルト

美味しいです。

香りから当たりのシェリー樽熟成だと期待させてくれます。

 

オフィシャルの18年と比べると、その良いところを凝縮したかのようです。

流石はハンドフィル。

渋みが心地良く、樽香もしっかりとしていて。

ぼやけたところもありません。

 

チョコレートの印象は薄いかな。チョコレートよりもフルーツに寄っている印象。

 

 

オフィシャルのそれと同じものだと感じたのは余韻。

ただこれは、これがグレンゴインの酒質というより樽の影響が大きい気も…。

 

 

(よろしければ)

 

 

 

末尾にシェリー樽熟成のモルトに対して改めて感じたことをつらつらと。

今現在の自分の好みは

 ・度数が高い

 ・濃い

 ・渋みがある

です。

 

所謂シガーモルトに近いのかなぁ

嫌煙家なのですが。

 

煙といえば、ピートのニュアンスが入ってくるとまた好む傾向は変わりますし。

 

 

整理するのは難しいです。

ですが、言語化することで見えてくるものもあると感じました。

 

そこに囚われてもいけませんが。

 

 

  

本当にただつらつら綴ってしまいました。。