ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

バレッヒェン エドラダワー 13年 2007 信濃屋

f:id:BOXBOXBOX:20210203002951j:plain

ラベル情報:

Ballechin HEAVILY PEATED

AGED 13 YEARS

Distilled: 12th January 2007

Bottled: 12th March 2020

OLOROSO SHERRY CASK Cask No: 2

59.5%

SHINANOYA

The Un-Chillfiltered Collection

Signatory Vintage

 

香り:煤、金属片、消えかけの焚火。高い音の木香。枝付きレーズン。ベリー系。

味わい:灰や火薬、ライム、プラム。グレープフルーツの皮。ラズベリーチョコレートも少し。高い樽香。ドライ。余韻は中程度で すっと消える、奥の方にシェリー樽の香り。

好み:★7 71 ※77

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

力強く骨太なピートの香り。桜チップの燻製鱒、湿った木々、焚火の香りとシェリーの甘い香りが重なる。ブラックオリーブ、アサリの佃煮、チーズケーキ、次第にエドラダワーらしいクリーミーさが現れる。

口に含むと、ボリューミーで力強 いアタック。甘塩、白かりんとう、レーズンバター。余韻は長く続く。少量の加水で、香り・味ともに持ち味を発揮し、クリーミーさやグレープフルーツの綿。

イアン氏がハイランド・ピトロッホリーに残したラフロイグの遺伝子が垣間見える。

 

 

反芻:魅力的なコメントですよね。大まかな方向は合っていると思うのですが。

“グレープフルーツの綿” と自分の グレープフルーツの皮 は同じものを指しているのかな? “甘塩” には なるほど!です。

余韻については違いがありますね。長いかなぁ。

 

 

雑感:ヘビーピーテッドなエドラダワー

オフィシャルのコメントにあるイアン氏とは、ラフロイグ蒸留所を引退しエドラダワー蒸留所に招かれたイアン・ヘンダーソンのこと。

2003年からヘビーピーテッドのモルトを仕込んでいます。

 

 

全体の印象としては、硬い感じ。

ピートのニュアンスとシェリー樽由来の要素が並び立っています。ツインタワーのよう。(逆に言うと、一棟にはなっていない印象)

 

しかし微加水すると一転。

甘い煙が暖かく。シェリー樽の旨味やタンニンが大きく表に出てきます。

旨いです。

これが本領かと感じました。こちらなら 77 かな。

 

そして杯を重ねていくと、エドラダワーのそれに気付くこともできました。

咥内に最後まで残るのはこのニュアンスですね。

ピーテッドながら、確かにエドラダワーです。

 

 

 

なるほど。

また面白いボトルに出逢うことができました。