ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンアラヒー 24年 1995 秩父令和商会

f:id:BOXBOXBOX:20210122223922j:plain

ラベル情報:

GLENALLACHIE

Aged 24 years

Distilled: 10.11.1995

Bottled : 22.10.2020

Hogshead

46.9%

秩父令和商会

 

香り:蜂蜜、夏みかんマーマレード、木の皮。バニラ、白粉っぽさもあり、緩やかに甘い。スパイスや芝生が印象的。

味わい:濃厚。オレンジシロップ、ドライオレンジの皮部分、バニラアイスと蜜蝋。ミントやハーブの印象。スパイスの一瞬のトゲ。微かな乳酸菌が浮かぶ。余韻には樽由来の渋み、生クリーム。

好み:★7 73

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

https://twitter.com/chichibureiwa/status/1342600333768331264?s=20

https://twitter.com/chichibureiwa/status/1342600333768331264?s=20

https://twitter.com/chichibureiwa/status/1342600333768331264?s=20

https://twitter.com/chichibureiwa/status/1342600333768331264?s=20

 

反芻:おおよそ合っているかな。“キウイフルーツ” や “青っぽい独特の香り” は得心しました。“グレープフルーツのワタ” と ドライオレンジの皮部分 は、おそらく同じものを指しているのではないかと思います。自分は甘みを強く感じていたので、オレンジと感じたのではと。

スパイスを挙げられていないのが印象的。

 

 

雑感:未来が楽しみになる1本。

粘度を感じるような濃厚な味わいに驚きました。

24年熟成カスクストレングスで46.9%ですから、凝縮された良い頃合いのボトリングだと思います。

 

飲んでいて感じたのは、これは瓶熟・開いてくるのが楽しみなボトルだぞ ということ。

グラスの中でも時間をかける程良くなります。(開封注ぎたてはオレンジとスパイスが前へ前へ競っているイメージで ★6 69 という判断でした)

 

今は前の方でぎゅっと固まっている様子ですが、これがほぐされて奥行きに繋がったらどうなるのか。

楽しみです。

 

 

 

こちらは秩父令和商会さん初のプライベートボトルです。リンクウッドと一緒に発売されました。

もちろん内側の話は知りませんが、Twitterに流れてくる情報を追っているだけでも苦労と苦戦と楽しさを感じられた気がしています。

 

店長の人柄も、お店の雰囲気も居心地良く。

ボトルを近くに見ながら選ぶことができるので、気が付けば時間が経っている。

とても好きなお店です。

 

この先もボトルを用意されるとのこと。

お店に伺うのもニューボトルも、楽しみにしています。