ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

アードベッグ 27年 1977 キングスバリー

f:id:BOXBOXBOX:20201231021654j:plain

ラベル情報:

ARDBEG

aged 27 years ※裏ラベルより

1973

cask type: hogshead ※裏ラベルより

47.4%

kingsbury

 

香り:煤、海藻。活き活きとした木。苺ジャム。柑橘系。貝殻。

味わい:じっくりとしたフルーツの甘みが豊かに。濡れた焚火、甘い煙。海藻や塩っ気。柑橘系のフレーバーと桃缶のシロップ。シリアルのニュアンスも。余韻には微かな蜂蜜が浮かび、甘い煙が豊かに長く続く。

口に含んだ味わいはもちろん、余韻がたまらなく心地良い。

好み:★9 95

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

Gentle yet profound with remarkable balance combining tropical aromas with hints of honey and lemon.

(トロピカルなアロマに蜂蜜とレモンのヒントを加えた、穏やかで重厚なバランス。)

Smooth ans silky on the taste. The pronounced peatiness interacts wonderfully with a medley of walnuts, spices and biscuits.

(滑らかでシルキーな味わい。特徴的なピート感は、クルミ、スパイス、ビスケットの層と調和している。)

Supremely elegant.

(極めてエレガント)

 

※裏ラベルより

 

反芻:おおよそ合っていると思う。

“ビスケット” とシリアルは、おそらく同じものを指しているかと思います。溢れるフルーツの中に確かに感じたものなので嬉しいです。

 

 

雑感:多層的。エレガント。

 良いですね、美味しいです。

フルーツに圧殺されるでもなく、ピートに埋もれるでもない。

 

上品でバランスの良い1本だと思いました。

ファンの多い蒸留所ですが、この味わいを求めているのかな。

納得です。