ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンデュラン 14年? 1981 スコッツセレクション

f:id:BOXBOXBOX:20201206222436j:plain

f:id:BOXBOXBOX:20201206222804p:plain

THE SHARE BAR :: グレンデュラン1981 スコッツセレクション - SAKETRY - サケトライ -

ラベル情報:

GLENDULLAN

DISTILLED YEAR : 1981

BOTTLED YEAR : 1996

CASK TYPE : Oakwood Casks

ALC : 60.4%

SCOTTS slection

Bar Caruso

THE SHARE BAR

 

香り:華やかな樽香。シナモン、白胡椒、微かな紙のニュアンス。奥の方にフレッシュな葡萄。

味わい:低い音の甘み、高い音のスパイス。舌を刺激する金属片。絞った葡萄、洋梨、果実の種付近のイメージ。そして砂糖。

好み:★7 70

 

 

雑感:隠し味のような?モルト

スパイシーの中に仄かな甘み、杯を重ねるものではないとも思いますが美味しいです。

 

現行品がどのような方向にあるのか、興味が出てきました。

 

 

 

さて、グレンデュラン(グレンダランとも)は、オールドパーの原酒になります。

ということで手持ちのものと比べてみました。

 

 

…正直言って難しいです。

フィニッシュに感じるスパイスの要素がそうとも感じますが、知っているからこその感想な気がして。。。

 

もっと経験値が欲しい!!

 

 

 

 

ちなみに、過去の自分のオールドパーのコメントを見ると、全盛期は過ぎてしまったのか、これからなのかと考えていました。

 

あれから6ヶ月、甘みは増えていると思いますが、残念ながら前者だったようです。

もちろん美味しいのですけど、気が抜けている感は変わらず。

 

それでも少なからずプラスに変化してくれたことを感謝しつつ、飲み切るまでの時間を愉しみたいと思います。

 

(よろしければ)