ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

タリバーディン 24年 1993 ケイデンヘッド

f:id:BOXBOXBOX:20201018031606j:plain

ラベル情報:

TULLIBARDINE

AGED 24 YEARS

Distilled: 1993

Bottled: 2018

Cask: 2 x Bourbon Hogsheads

43.6%

CADENHEAD SMALL BATCH

 

香り:ココナッツ、洋梨、マスカット、爽やかなフルーツ。同時に酸味のあるフルーツ、パイナップル、アップルパイ。木の香り、穀物の甘み。

味わい:フルーツたっぷりのパンケーキ。オレンジやパイナップル、柑橘系や黄色いフルーツ。シナモン、蜂蜜、シロップ、穀物の甘み。

ラム酒に漬けられた柑橘系や黄色いフルーツのよう。明るく、飲んでいて楽しくなる。

好み:★8 80

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

Nose: Coconut oil, pear drops, butterscotch, milk chocolate mice and cubed pineapple.

(香り:ココナッツオイル、洋梨の雫、バタースコッチ、ミルクチョコレートのお菓子、パイナップルキューブ)

Palate: Syrupy; dried bananas, aprigots, oranges and ginger.

(味わい:ドライバナナ、アプリコット、オレンジや生姜らのシロップ)

Finish: Shortbread, caramel, milk chocolate, tich pudding and white grapes.

(フィニッシュ:ショートブレッド、キャラメル、ミルクチョコレート、濃厚なプリン、白ぶどう)

 

※裏ラベルより

 

反芻:表現の違いはあれど、方向性は合っているかなと。

個人的に、“ココナッツ” が浮かんできたのは良かったです。“生姜” も確かにありますね。

逆に “チョコレート” の系統は拾えず。

“プリン” は分かる気がします。でも、やっぱり自分にはパンケーキかなぁ

青いパパイヤもあるような。

 

 

雑感:フルーツ感と、なんだか楽しい1本。

自分としては普段好んで選ぶ系統ではないのですけど、美味しいです。

そして楽しい。

愉しいではなく楽しい。内向きではなく外向き

そんなボトルです。

 

開けたてはそこまで記憶に残っていないのですが、今回改めて飲んで驚きました。

開封してから1年以上経過していますが、今こそ全盛期かと感じられます。

これがボトルを抱える愉しみですね。

 

 

完熟南国フルーツだけがウイスキーの魅力ではないよと教えて貰えた気がしました。