ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

ラフロイグ? シークレットアイラ 11年 2008 立夏 アクアヴィーテ

f:id:BOXBOXBOX:20201004012753j:plain

ラベル情報:

DISTILLED AT A SECRET ISLAY DISTILLERY

AGED 11 YEARS

DISTILLED 2008

BOTTLED 2019

MATURED IN SHERRY CASK

CASK#087612

49.8% alc

立夏 Start of Summer

AQUA VITAE

 

香り:海水と灰、枝付きレーズン、黒土。燻製されたベーコン。僅かに石鹸。

味わい:滑らか、するりと飲める。潮風、塩水に浸した洋梨、蜂蜜をかけのベーコン。焦げた木、煮干し、レモンピール、低い位置に樽香が据わっている。フレッシュなフルーツと潮気や煙が次々に表に出てくる、踊っているよう。

好み:★7 76

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り:トロピカルフルーツ、泥炭、スモーキー、くるみ

味わい:潮気と甘み、灰とスモーク、大地、大麦

余韻:ピート、スモーキー、ハーブ

 

www.shinanoya-tokyo.jp

 

反芻:ズレてる? 自分が飲んだものは開けたてだからでしょうか。

少なくとも現時点では、香りに “トロピカルフルーツ” は拾えません。味わい・余韻の “大麦” や “ハーブ” は分かるかな、といったところ。

これから変化して来るのかな。

 

オフィシャルのコメントだけ読むとあまり魅力的に感じないというのも正直な感想。

もちろん、キャッチーに盛り過ぎるコメントはブランドの信頼を下げてしまうので難しいところですね。

良い方向に開いてくれることを期待しています。

 

 

雑感:AQUA VITAE 新シリーズスタートの1本。

二十四節気から 立春春分立夏夏至立秋秋分立冬冬至 を冠する全8作。

その最初のボトルになります。

夏が始まるところがまた素敵ですよね。

 

このボトル、中身のスペックはもちろんなのですが、ラベルの蛙に一目惚れして購入を決意しました。

立夏に鳴き始める蛙。

お尻は桃、脚はアスパラガス。立夏が旬の作物です。

コンセプトもデザイン色遣いも魅力的ですよね。

台湾の新進気鋭のデザイナー Cinyee Chiu 氏の作品とのこと。

 

全8本という少数もあって、既に全部集めたくなっている自分がいます。。。

値段と中身と相談しつつですが、トータルで琴線に触れてくれたら良いなぁ

 

 

 

ちなみに、このシリーズの全モチーフは下のサイトから観ることが出来ます。

ネタバレ上等という方はどうぞ

 

シリーズ外のモチーフの方が魅力的なもの多そうw