ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

グレンフォレス 12年 80年代流通?

f:id:BOXBOXBOX:20200908000109j:plain

ラベル情報:

GLENFORRES

all hightland malt scotch whisky

12 years old

43%

 

香り:モルティ。カラメル、苔むした森、土っぽさ。仄かに焦げ感。カスタードクリーム、焼いたパン。

味わい:クリーミーで甘い。煤、枝付きレーズン、葡萄の皮、蜂蜜とその苦味。オールドなモルトが浮き上がってきて、すっと消える。ゆるくナッツの甘み残り、微かにおしろいっぽさを伴う余韻。

好み:★8 83

 

 

雑感:Glenforres Glenlivet Disillery のダブルハイランドモルト

 

水に溺れない。

香りを散らさない。

まろやかな味わいを崩さない。

12年の時の神秘に抱かれて、

いまグレンフォレス登場。

芳醇、馥郁たる、

これはスコッチの極み。

 

同封されていた冊子の表現です。

そしてこう続きます。

 

“グレンフォレス グレンリベット社のエドラドワ蒸留所” で12年間貯蔵されたモルトに “もうひとつの12年ハイランドモルト” を選りすぐってマリッジさせた “独自のダブルハイランドモルト”。  ※ “” 部分は原文まま。その他は要約。

 

もうひとつのハイランドモルトとはどこなのでしょうか。

テイスティングで分かる人には分かるのかな。。。

 

 

現行10年と飲み比べると共通しているのは、口当たりの滑らかさと余韻のクリーミーさ、僅かなパフューム。

シルキーなイメージも。

でもこれは、知っているから似ているニュアンスを探しているだけでしょうね。知らずに飲んで気付けたらかっこ良いのですけど。

 

差異は10年はクリーミーさが全面に、グレンフォレスはモルティさが特徴的。

自分からすると別物として両方とも美味しいです。

 

 

 

このボトル、瞬間的に味わいが膨らむのですが、そのまますっと消えてしまうのが気になります。物足りないとも感じてしまう。

おそらくもう力が抜けてきているのでしょう。

老いた老騎士。

全盛期に出会いたかったと強く思います。

 

 

ところで、化粧箱が明らかに横置きのデザインですよね。

ワインのようで贈答用として高級感はあると思いますが、ウイスキーの保管方法としては…。

もし購入を検討されている方がいるなら、箱がない方が保存状態が良いかもしれません。