ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

スプリングバンク 10年

f:id:BOXBOXBOX:20200523023754j:plain

ラベル情報:

SPRINGBANK

CAMPBELTWON SIGLE MALT SCOTCH WHISKY

AGED 10 YEARS

46%

 

香り:葡萄、枝付きレーズン、枯草。上品な甘さ、薬品香。微かに土っぽさ

味わい:塩っ辛さ、土の香り。枯草、ピーティ。バニラ、赤い実、樽香。消毒液。薄くチョコレート。スパイシーな余韻。時間を置くと、シェリー樽のニュアンスとじっくりとした麦芽の甘みが前に出てくる。

好み:★7 73

 

 

雑感:現行品の10年ボトル。

前回の旧ラベルと比べると、現行の方がハッキリと自分の好みです。

旧はシェリー樽、現行はバーボン樽がメインなのかな? ここらへんは個々の好みもあると思いますが、全体のバランスも現行の方が整っていると感じます。

 

どうしても終売品や何世代も前のボトルに目が行ってしまいますが、現行品が良い変化をしてくれているのは嬉しいですね。

人気がありすぎてなかなか目にする機会がないのは難点ですがw

 

ラベルデザインも現行の方が好きかな。

 

 

f:id:BOXBOXBOX:20200523033500j:plain

グラス飲み比べ

 

丸グラスは香りのレーズンと甘味が強調されますね。味わいは表にいた塩っぽさが余韻に移ります。

口当たりは良くなるけど余韻がしつこくなる、そんな印象の違いを感じました。

 

 

グラスによる変化は面白いですが、テイスティングコメントも変化し得るということですよね。(もちろんプロの方々はそこまで考慮されていると思うのですが)

興味深いな。