ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

タリスカー 57°ノース

f:id:BOXBOXBOX:20210412011918j:plain

ラベル情報:

TALISKER 57°NORTH

SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

57%

 

香り:蜂蜜、ベリー。アルコールが鼻腔をくすぐる。トースト、かすかにスモーキー。

味わい:蜂蜜を塗ったトースト。アルコールのアタックがあり、香木、海藻、燻ぶった焚火、火薬。余韻にベリー系の甘味が漂う。

好み:★6 66

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り:クリーンで強烈、マッチを擦ったような軽いスモーキーさ。クリーミーなトフィーとフルーツ、海草、ヘザーの花、バニラのニュアンス。

味わい:口当たりは甘く、次第にスモーキーでタールの香りが広がる。非常に力強く、まるでスカイ島の有名なクーリン山の火山爆発を思わせるような荒々しさ。

フィニッシュ:独特の黒胡椒のようなピリピリとした口当たり

talisker-online.jp

 

反芻:“強烈” “火山”あたりは共通の感想でしょうか。自分はアルコールと色気ない表現をしてしまいましたが。また、これまでのボトルに比べるとスモーキーさがハッキリしています。かといって暴れすぎず心地良いです。

違うのがフィニッシュ・余韻の印象。オフィシャルでは“黒胡椒のピリピリ”となってますが、自分が感じたのは甘さ。飲み直しもやっぱり甘さの印象が残ります。なぜだろう

バニラは拾えました。そこを意識するとスモーキーさがより際立つ印象。

 

 

雑感:タリスカーこだわりの45.8%ではなく、57%で瓶詰されたボトルです。

この数字はタリスカー蒸留所が緯度57度に位置すること、昔のタリスカーが100プルーフ(57.1%)でボトリングされていたことに由来してのもの。

アメリカンオークのリファイル樽。

 

ハイプルーフのNAですので荒さはあります。でも飲みにくいことはなく、力強いプラスの印象です。

ハイプルーフNAで連想するのはニッカのフロム・ザ・バレル。あちらは蝋や蜜、ミントが印象的な甘いボトルですが、こちらは火薬や煙、粗さ。

当たり前ですが全く別物です。(そもそもシングルモルトとブレンデッドですし)

f:id:BOXBOXBOX:20200409030617j:plain

みんな違ってみんな良い。

 

 

タリスカーの中では10年に近い味わいです。

10年に感じるのがヨードなら、57°ノースはピーティ。

10年は低音なら、57°ノースは高音。

 

10年と5年程度がメインで構成されているのでしょうか。

 

 

 

追記(20.06.30):

2020年6月に終売が発表されました。

(参考:ニュース | タリスカー オンライン

残念。。。

 

マニアはカスクストレングスにいって、ビギナーは度数にありがたみを感じない。そんな中途半端な立ち位置になってしまっていたのでしょうか。

オフィシャルのハイプルーフ、まさに有難いボトルだったのですが。