ポートセルミの箱

ウイスキーのテイスティングをつらつらと。整理整頓中。

タリスカー 30年 2015ボトル

f:id:BOXBOXBOX:20200405222016j:plain

ラベル情報:

TALISKER

SINGLE MALT SCTCH WHISKY

30 YEARS OLD

2015

45.8%

 

香り:フルーティで優しい香り。エステリー。ぶどう、いちごジャム、仄かに白檀。フィニッシュにスパイスをひと摘み。

味わい:いちごジャム、杏、梅。生食パン。生木の枝を折った時のそれ。昆布出汁。後から追ってヨードやタール。余韻にいる潮気と胡椒が味をはっきりと仕上げている。ジューシーなウイスキー

好み:★8 85

 

【オフィシャルのテイスティングコメント】

香り:自己主張は強くない、控えめな中にも潮のニュアンス。新しいヨットのニス、スパイシーさと海の香り。ほのかなスモーキーさ。加水すると潮の香りは弱くなり、若干甘い香りが顔を出す。

味わい:口当たりはゆっくりと甘みが広がり、次第に苦味と塩気。そしてわずかなスモーキーさの後で隠し味のようにペッパーの風味と辛みがあらわれ、口の中が乾いたような感覚に陥る。ミネラルとトーストの風味。加水するとゆっくりと甘みが現れ、優しい味わいに変化していくが、胡椒の風味が舌を覆う。

フィニッシュ:長く、わずかな苦味とスモーキーさを感じながらも非常にドライ。

talisker-online.jp

 

反芻:“口の中が乾いたような感覚に陥る” が腑に落ちました。テイスティングコメントって色々な表現がありますね。面白い

オフィシャルコメントでは “トースト” があって、自分の感想には “生食パン” だったのが印象的です。トーストかなぁ どこか爽やかさを感じるんですよね。それが渋み(口の中が乾いたような感覚)に繋がるのかと。

 

 

雑感:ジューシーで美味しいボトルです。

加水だからでしょうか、力強いというより柔らかく落ち着いた印象。ジューシーでも重すぎず爽やかな印象のモルトです。

18年の時にはあちらの方が好みかもと言いましたが、やはり美味しいです 30年。

18年の方が若々しさがあります。ここはもう趣向の話ですね。

あとは金額と度数かな。 ※度数は他ブランドとの比較になりますが

 

 

この後に改めて10年を飲むと、タールっぽさを受け取るようになりました。ただ、共通するフルーツ感、余韻のスパイス感は確かにあり、これがタリスカーの個性なのかなと勉強できました。

 

残り少ない。じっくり味わいます。